ここから本文です

女子バレー新戦術「Hybrid6」進化の鍵は?──眞鍋監督、木村沙織らに聞く

2014/9/22(月) 17:00配信

THE PAGE

 新戦術で臨んだ「ワールドグランプリ(WGP)」(28カ国参加)で大会初の銀メダルを獲得した日本女子バレー。今季最大の目標・世界選手権(9月23日~・イタリア)で再び世界一にチャレンジする眞鍋JAPANの前に立ちはだかるのは、ロンドン五輪金、WGPでも勝てなかった世界女王ブラジル、世界2位のアメリカ、さらには……。「銀」から「金」へ、その差を埋めるためには「ハイブリッド6」の完成が不可欠。新戦術は世界バレーで進化できるか。そのために何に取り組んでいるのか。眞鍋監督、木村主将らに聞いた。

【動画】女子バレー木村らが「世界一」になるためサーブをさらに強化

精度アップ、攻撃の分散化、バックアタック、「4つ」の世界一

 WGPファイナル。ロシア、トルコ、中国、ベルギーに4連勝し、金メダルを賭け戦った最終のブラジル戦。女王に日本は「歯が立たなかった」(眞鍋監督)。終わってみればストレート負け。

──ブラジルと戦って、どう感じられましたか?

眞鍋監督 力負けでした。やはりブラジルは集中力がすごい。サーブがいいし、ミスも少ない。戦力も日本より上。ただ、ファイナリストとして世界一に挑戦できたということは大きかった。昨年のグラチャンに続いて今年も最終日に世界一になるチャンスがあった。いずれもブラジルに負けたが、経験できたというのは大きいです。
 前回の世界バレー(2010年)で32年ぶりに銅を取ってから選手が自信を持ち、W杯で4位(2011年)、ロンドン五輪で銅メダル(2012年)、グラチャンで銅メダル(2013年)。主要な国際大会でベスト4に入り続けているということは力がついてきたのかなと。
 厳しい道のりというのは重々分かっていますが、選手とスタッフが一致団結して結束力をもって世界一に挑戦し、世界バレーでいい結果を出すことができれば、2年後のリオ・オリンピック(の金メダル獲得)につながると思います。

精度を高める! 個々がレベルアップ

──新戦術「ハイブリッド6」を進化させるために、何が必要ですか?

眞鍋監督 新戦術がもう1ステージ上がるためには、すべてのプレーの精度を上げていかなければならないと思っています。そうしなければ、ブラジル、世界2位のアメリカ、さらにイタリア、中国、ロシア、韓国、セルビア、ドイツ……、世界3位の日本から13、14位くらいまでは紙一重という中で勝つのは難しい。
 ブラジル戦で日本はブラジルよりもミスを多く出してしまった。それでは勝てない。再度世界一に挑戦するために、WGP後、もう一つハードルを上げています。ミスを少なくするために、練習からブラジルの高いブロックのようなプレッシャーを受けながら打つ。男性コーチがブラジル、アメリカ、ロシア以上のストレスを与える感じでブロックに跳び、そのブロックを前にミスなく確実に正確に打てるか、です。
 「決め打ちするな」って言っていますね。空中で相手のブロックを見て、空いているスペースに打てと。それは僕が100回言ってもダメで、それぞれが技術を上げていかなければならない。選手一人ひとりで見え方が違うので、“手がはっきり見えるか?”“ぼやっと見えるのか?”など確認しながら。あるいは木村のようによく見えていても、パワー不足で空いたスペースを抜いても拾われてしまうこともある。最後は“個人技”。一人ひとりが精度を上げ、レベルアップしていかないと世界一にはなれません。
 あの2枚サーブレシーブやリードブロックという新戦術を生み出しロス五輪で金メダルを取ったアメリカ男子のダグ・ビル監督も、何年も練習や試行錯誤を重ねてようやく完成した、と話していました。ハイブリッド6も同じです。

1/4ページ

最終更新:2016/2/6(土) 3:15
THE PAGE