ここから本文です

iPhone 6購入「音声定額プラン」が半強制に? プラン登場の背景とは ── 石川温

2014/9/24(水) 16:00配信

THE PAGE

 9月19日にiPhone 6/6 Plusが発売となり、この週末は家電量販店やキャリアショップが賑わいを見せました。 
 今回、iPhone 6/6 Plusを新規契約あるいは機種変更した際に、必ずと言って良いほど「音声定額プラン」を勧められるようです。
 「音声定額プラン」とは、月額2700円で国内の固定電話・携帯電話がすべて定額の範囲内で通話できるというもので、いつでも何時間でも定額内に収まるというのが魅力です。NTTドコモが「カケホーダイ&パケあえる」、KDDIが「カケホとデジラ」、ソフトバンクモバイルが「スマ放題」という名称でサービス提供されています。

従来の料金プランが選べなくなるキャリアは?

 NTTドコモはかつての月額980円のプランが選べず、「カケホーダイ」プランに一本化されているため、音声通話をしたい場合は、この月額2700円のプランしか契約できません。
 KDDIとソフトバンクモバイルは、従来の月額980円の従量制プランと月額2700円の定額制プランの2つから選ぶことができますが、店員さんは月額2700円の定額制プランを勧めてくるケースがほとんどのようです。

「音声定額プラン」登場の背景は?

 これまで30秒20円という通話料金体系が一般的だったのにも関わらず、なぜ月額2700円でカケホーダイという画期的なプランが登場してきたのでしょうか。
 最も大きな理由は「LINE」を代表とするインターネット電話サービスの普及です。LINEであれば、相手のIDさえわかれば、いつでもどこでも無料で通話できます。ネット環境の悪いところでは音質がイマイチだったりもしますが、「無料」であればそれも我慢できます。友達と何時間もしゃべっても無料となれば、携帯電話の090や080、070の番号は使わなくなるというものです。
 また、携帯電話各社では、「VoLTE」という新サービスを始めつつあります(NTTドコモはサービス開始済み、KDDIとソフトバンクはサービスを準備中)。これは、音声をLTEという通信回線に載せるという技術で、従来に比べて回線を占有しないことから、低コスト化が実現できると言われています。将来的にはVoLTEが一般的になることもあり、NTTドコモでは他社に先駆けて、音声定額制を開始して、顧客獲得を強化しようとしていました。

 これまで月に数千円を音声通話料に支払っている人が、月額2700円のプランに変更しただけでは、携帯電話会社は大赤字になります。そのため、携帯電話会社はすべての人に新料金プランを契約してもらい、「ほとんど音声通話をしない」という人にも月額2700円を支払ってもらうことで、収益を確保し、全体のバランスをとろうとしているのです。
 NTTドコモでは、すでに800万人が「カケホーダイ」のプランを契約していますが、同社では一刻も早く、5000万人近い全契約者に「カケホーダイ」を使ってもらおうと努力しています。

 しかし、一方で、最近は「格安スマホ」が人気です。音声通話料金やパケット料金をできるだけ抑えることで、スマホであっても月額1000円台の基本料金を実現できるとあって注目を集めています。携帯電話会社が月額2700円を基本とする動きがあるなかで、格安スマホ会社を選ぶ人が増えてくる可能性が出てきました。

1/2ページ

最終更新:2016/2/8(月) 4:54
THE PAGE