ここから本文です

ロッテ里崎、前代未聞の熱唱して引退!

2014/9/29(月) 1:31配信

THE PAGE

「全席完売」当日券無しの看板が海浜幕張駅前に立てられた。試合開始2時間前からQVCマリンフィールドに長打の列。場外には寄せ書き用の巨大パネルが設置されていてファンの熱いメッセージで真っ黒に埋まっていた。スタンドでは顔写真入りの特製うちわが揺れる。9月28日、里崎智也捕手(38)の引退試合。試合前オリックスの森脇監督を挨拶に訪れた里崎は申し訳なさそうに言った。「こんな大事な状況のときにすみません。2打席でちゃちゃっと終わらせますので」。

オリックスはソフトバンクとの優勝争いのさなか。そこで引退試合となってしまった里崎らしい気の使い方だった。「1番・DH」でのスタメン出場。16年間で1番以外の打順で本塁打を記録していた。全打順本塁打記録への挑戦を花道にという首脳陣の配慮だった。マウンドには、ルーキー、吉田一将。1回裏に巡ってきた、その第1打席。「一番…」の場内アナウンスを聞いた途端に「やばかった」という。涙をこらえて半泣きになっているのがわかった。その初球。144キロのボール球のストレートをフルスイングした。思い切ったオープンスタンスから、バットを立てて構える独特のバッティングスタイル。続く変化球はファウルになり、カウント1-2から変化球を見逃した。三振のコール。どうも「当たるも八卦、当たらぬも八卦」が信条の里崎のヤマが外れたようである。

現役最後の打席は、続く二回の二死二塁のチャンス。また里崎は、ファーストストライクからぶん回した。「パワーはイコール筋力」という考えで、シーズンがオフになると徹底的にウエイトトレーニングで筋力をつけてきた。通算108本塁打。“当たれば飛んでいく”というパワーバッティングの源は、ある秋季キャンプでは、技術練習を辞めてまで、費やしたほどのフィジカルトレーニングにある。

最後はワンバウンドになるような落ちるボールを振ってスイングアウト。里崎の引退試合は、「勝負どころだけで打てればいい」と勝負師の生き方を追求してきた里崎らしいと言えば、らしい連続三振で終わった。「5月半ぶりの実戦でボールが速く感じた。ずっとファームの室内でマシンを相手に打ってきた。ある意味、それで1軍のボールが打てるかどうかを実験したんだけど打てないことがわかった(笑)。また何かの機会に、これを生かしますよ」

5月に手術した左膝は、90度以上に曲げると痛みが走る。納得のいくトレーニングはやりたくともできない。「朝起きてもう練習しなくていいのかと思えば、少しホッとする」。早すぎるという人もいるが、38歳の肉体は、もう限界だった。

1/3ページ

最終更新:2016/2/17(水) 4:53
THE PAGE

スポーツナビ 野球情報