ここから本文です

アカデミー賞候補の声多数 『ゴーン・ガール』がNY映画祭で上映

2014/9/29(月) 16:32配信

THE PAGE

5回目の結婚記念日に突如、姿を消した美しい妻エイミーをめぐって、ストーリーが展開されるスリラー『ゴーン・ガール』(12月12日公開)が、ニューヨーク現地時間9月26日(日本時間9月27日)に行われたニューヨーク映画祭で、オープニング作品としてワールドプレミアを実施。上映後には各メディアから絶賛の声が上がり、アカデミー賞に名乗りをあげることとなった。

5回目の結婚記念日に姿を消した妻は? 『ゴーン・ガール』予告編公開

『ゴーン・ガール』は、精密に作られたスリラーと各誌絶賛」(LA TIMES)、「『ゴーン・ガール』がNY映画祭開幕早々に閃光を放つ」(Reuters)など、作品を絶賛するとともに、「『ゴーン・ガール』NY映画祭を開幕、さっそくオスカーへ直行」(DEADLINE)、「デヴィッド・フィンチャーが『ゴーン・ガール』でオスカーに爆弾投下」(HITFIX)など、アカデミー賞に推す記事が各メディアに多数、掲載された。

この日のレッドカーペットイベントには、世界各国から70媒体以上が参加。会場前には、たくさんのファンが詰めかけ、主演のベン・アフレックを一目見ようとごった返すなど、大いに盛り上がった。メイン会場であるリンカーンセンター内Alice Tully Hallにて開催された上映は、1000人収容の会場のチケットがあまりに早く売り切れたため。異例の2度目の上映も開催された。更にWalter Reade Theaterという300人キャパの会場でも3回上映という異例の措置が取られるなど、早くも話題の的となっている。

■公開情報
『ゴーン・ガール』
脚本:ギリアン・フリン (原作と脚本)  
原作:「ゴーン ・ガール」 2013年6月6日小学館文庫刊
製作:リース・ウィザースプーン、ブルーナ・パパンドレア、レスリー・ディクソン
配給:20世紀フォックス映画  (C)2014 Twentieth Century Fox 

最終更新:2014/12/18(木) 4:07
THE PAGE