ここから本文です

転職を希望する人もしない人も増加、若者の転職に関する意識は二極分化?

2014/10/5(日) 16:00配信

THE PAGE

 若者の4人に1人が転職したいと思っており、その最大の理由は賃金であることが厚生労働省の調査で分かりました。4年前の調査と比較すると、転職希望者は多少増えていますが、転職したいと思わない人も増加しているようです。

 15歳から34歳までの、若年層正社員に対して、定年前に転職したいと思っているかを尋ねたところ、25.7%の人が「転職したいと思っている」と回答しています。一方、転職したいと思っていない人は、32.5%となっており、転職希望者より多くなっています。最も多いのは、「分からない・不明」との回答でした。

 4年前に実施した同様の調査では、転職を希望している人は24.9%でしたから、転職希望者は若干増えているということになります。ただ、この結果で転職に対する抵抗感が薄れていると解釈するのは難しそうです。転職を希望しないという人も28.3%から32.5%に増えているからです。大幅に減少したのは「分からない・不明」という回答ですから、あえて傾向を分析すれば、転職に対する意識が二極分化してきたということになるのかもしれません。

 ちなみに転職を希望しているのは女性の方が多く、転職を希望しない人は男性の方が多いという結果になっています。日本の場合、一般論として男性の方が待遇がよいですから、それが反映されていると考えることもできますし、男性の方が保守的だと考えることも可能でしょう。

 転職を希望する年齢を見ると、全体の平均では30~39歳がもっとも高くなっていますが、年齢別に見るとより傾向がはっきりしてきます。各年齢層とも、自分と同じ年齢層、あるいは、それより少し上の年齢層での転職を希望している割合が圧倒的に高くなっています。つまり、多くの人が数年以内に転職したいと考えているわけです。

 この結果については解釈が分かれるところでしょう。条件さえ合えば、転職する予備軍がたくさんいるとも読めますが、条件が合わず、そのまま時間が過ぎてしまうと、いずれこの人たちは終身雇用希望者に変わっていくのかもしれません。

 転職を希望する理由のトップは賃金で、次に来るのが労働時間や休日などの諸条件となっています。当たり前といえば当たり前ですが、待遇面での希望が大きいようです。その次は「自分に合った仕事がしたい」「自分の能力を生かしたい」といった、やりがいや自分らしさといった項目が出てきます。

 自分の能力に合った仕事を探すのは比較的容易かもしれませんが、待遇のよい会社は、今の日本では優良大企業に偏っていますから、求人の絶対数が少ないという現実があります。4分の1が転職を希望しているとはいえ、待遇面を重視した場合、理想的な転職先を見つけるのはなかなか難しそうです。

(The Capital Tribune Japan)

最終更新:2015/11/26(木) 3:12
THE PAGE