ここから本文です

“秘密主義”のCノーラン監督最新作、ストーリーの一部が明らかに

2014/10/7(火) 12:00配信

THE PAGE

『インセプション』、『ダークナイト』など、衝撃昨を作り続けるクリストファー・ノーラン監督の最新作で、地球滅亡のカウントダウンが迫る中、人類の存亡を懸けて史上最大のミッションに挑む人間たちのドラマを描いた『インターステラー』(11月22日全国公開)の一部ストーリーが明らかになった。

巨匠ノーラン監督が描いた衝撃作『インターステラー』 予告編公開

常に“超・秘密主義”で、日本での公開まで2ヵ月を切った状況にも関わらず、その全貌を明かそうとしないクリストファー・ノーラン監督だが、この度、ストーリーの一部が垣間見える場面写真が解禁となった。NASAの宇宙服を身にまとったマシュー・マコノヒーとアン・ハサウェイが何かを見つめる姿や、クルーたちが未開の地へと降り立つ姿、そして食料不足の危機に取り組む科学者を演じるジェシカ・チャスティンの姿を捉えており、想像を掻き立てるシーンばかりとなっている。

これらのシーン写真から、リアリティ溢れる宇宙への旅が圧倒的スペクタクルと共に描かれ、地球と他の惑星とを股にかけ、人類の存亡を懸けた壮大なストーリーであることが分かる。描かれている舞台は、現在か、もしくは近未来。劇的な環境変化によって、地球の寿命は尽きかけていた。生き残りをかけて史上最大のミッションに挑むクルーは、居住可能な新たな惑星を探す為、前人未到の未開の地へと旅立つ。

クリストファー・ノーラン監督は本作について、「弟のジョナサンが手掛けた脚本は、マシュー・マコノヒー演じる素晴らしいキャラクターと彼の家族、そして考えつく限り一番壮大な旅を描いている。彼らのミッションをリアリティに満ちたものにするべく、多くの革新的技術、そして異なる技術を組み合わせた。それが何なのかはお伝え出来ない。皆さんには映画を見に行って、驚いてほしいから(笑)。幼い頃、ロンドンのレスター・スクエアにある映画館の大きいスクリーンで、父と一緒に『2001年宇宙の旅』を見た。とても印象に残っている経験だ。本作では、同じようなスケールの作品をお届したいという野望があった。子供たちとその両親と一緒に見に行ってほしい。ぜひ巨大なスクリーンで、体感してほしい。それが、私がこの作品に込めた思いだ」と話している。

▼公開表記
『インターステラー』
11月22日(土)新宿ピカデリー他全国ロードショー
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C) 2014 Warner Bros. Entertainment, Inc. and Paramount Pictures. All
Rights Reserved.

最終更新:2015/6/14(日) 3:53
THE PAGE