ここから本文です

【動画】「情報格差をなくしたい」。日本で唯一の視覚障害者向けラジオ局、新聞記事をていねいに読み上げ

2014/10/10(金) 12:39配信

THE PAGE

 日本で唯一の「視覚障害者向け」ラジオ局「JBS日本福祉放送」をご存知だろうか。今年で開局から26年、日々の新聞の朝・夕刊記事ひとつひとつを読み上げる番組「今日の新聞」は、目の不自由なリスナーが世の中の動きをタイムリーに知る貴重な情報源となっているという。だが運営状況は厳しく、読み手ボランティアの数も年々減少。「視覚障害者の『情報格差』をなくすために」と放送を続け、スポンサー探しや読み手ボランティアの育成に奔走する関係者に話しを聞いてみた。

【動画】日本で唯一の視覚障害者向けラジオ局、生放送中のスタジオはこんな感じ

米国の福祉放送が充実「日本で同じ放送を」と渡米し研修

 ある日の午前中、大阪市都島区のビルの一室にある「JBS」をのぞいてみると「今日の新聞」の生放送真っ最中。スタッフ数人が音響機材を操作し、読み手ボランティア3人が朝刊をていねいに読みあげていた。「小さなスタジオですみません。けど、いつもここから放送してるんですよ」と笑顔で語るのは、同局常務理事法人本部長の川越利信さん(70)。「情報格差をなくしたい」と同局を立ち上げた張本人だ。

 若いころ目を悪くして病院に行ったら医者から「失明の恐れがある」と診断され、社会福祉法人日本ライトハウスへ相談をすすめられた。それがきっかけで、文部省から委託を受け制作する点字の教科書や童話づくりに長年携わった。だが、点字で書籍を作るには約1年かかりで、早くても数か月。「1年も空いたら、視覚障害者の社会との情報格差が開いてしまう」と感じながらも仕事に取り組んでいた。

 「このまま高度情報社会に突入したらどうなる?」と考えていた時、米国の福祉放送が充実し、視覚障害者専用のラジオ局がたくさんあることを知った。「ラジオなら即時性があるし24時間使える。情報格差を軽減できる」と考え、一大決心し渡米。「自分も日本で同じ放送をやるんだ」という思いを胸に、米国の各放送局での研修を積んだ。

リスナーが長時間聴いても疲れない読み方を心がける

 帰国後、3年がかりで様々な準備をへて、1988年に大阪で有線放送を使った「視覚障害者向け専用放送(盲人放送サービスふれあい音友)」がスタート。後に社会福祉法人の認可も受け、東京にもスタジオを作った。2003年からは、同局の公式サイトを使ったインターネット放送も始まり、新聞の読み手はボランティアで募集。約200人が登録し、日々、全国紙の記事をわかりやすく、ていねいに読み上げる。
 
 新聞は現在のところ全国紙3紙を読んでいる。もちろん許可を取り、使用料を支払った上で読み上げている。ただ、すべての記事を読むことは著作権法による制約などがあってできない。「なんでもタダというのは良くありませんが、視覚障害者が自由に記事を選択できないのは残念です。読みたくても選べないのはかわいそう」と川越さん。読み手のメンバーもそこ点は「はがゆい」ともらす場面も。

 川越さんは読み上げることを「朗読」ではなく「音訳」と呼んでいる。「朗読は一つの作文を作る感じですね、こちらで解釈して悲しく明るく読んだり。けど、新聞を読んで話すのはリスナーが解釈をする。数字もたくさん出るし、何時間も聴いてもらうわけだから『ずっと聴いても耐えられる読み方』を心がけてもらっている」と話す。

 一見アナウンサーに似ているが、1つのニュースを読むのは分単位ではない。新聞は何時間もかけて読むため、その点が大きく違う。大変ではあるが、それに付随する「おみやげ」もある。読み手のボランティアによると、それは読むことによる日本語能力の向上、脳の若さキープ。なんといっても声を出して読むため、顔の筋肉も鍛えられるとか。

1/2ページ

最終更新:2014/10/10(金) 17:54
THE PAGE