ここから本文です

『ベイマックス』日本人イラストレーターが“街”を描く

2014/10/16(木) 17:00配信

THE PAGE

ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの最新作『ベイマックス』(12月20日公開)の本ポスターが完成し、公開された。使用されたビジュアルは、日本のために製作された特別なものとなっている。

本作は、東京とサンフランシスコを融合したかのような架空都市“サンフランソウキョウ”を舞台に、ケア・ロボットの“ベイマックス”と天才少年“ヒロ”が繰り広げる感動のアドベンチャー。今回のポスターのテーマは、『日本の夕焼け』で、舞台となるサンフランソウキョウに降り注ぐ夕日が描かれている。

リサーチのために来日したドン・ホール監督とクリエイターメンバーは、それぞれ日本の文化に感銘を受けたが、特に『光』は印象的だったという。「僕らが見た日本の光はとても美しかったんだ。ネオンの光も含めてね。東京はとてもモダンでクールなテクノロジーがあり、サンフランシスコの特徴的な土地と混ぜ合わせる事でとてもクールで興味深く、新しい独創的な世界が作れると思ったんだ。」と話している。その言葉通り、今回のポスターの夕焼けは、日本の光のイメージを反映し、日本人がノスタルジーさを感じてしまうほどの仕上がりとなっている。

また、この街のコンセプト・アートには、日本人イラストレーターの上杉忠弘氏が参加。上杉氏はストップモーション・アニメ『コララインとボタンの魔女3D』でデザインコンセプトを担当し、アニメーション界の権威であるアニー賞の美術賞を日本人で初めて受賞している世界的なイラストレーター。ドン・ホール監督は「日本の文化を描くために正しい知識と、アーティスティックな感覚を持った日本人にどうしても協力して欲しかったんだ。世界的に有名なタダヒロ・ウエスギに助けてもらったんだ。本当にラッキーだったよ。」と、上杉氏の参加に最大限の感謝を示している。


『ベイマックス』
監督:ドン・ホール/クリス・ウィリアムズ 
製作:ロイ・コンリ
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン 
(C)2014 Disney. All Rights Reserved.
2014年12月20日(土)、全国ロードショー

最終更新:2015/4/21(火) 4:16
THE PAGE

Yahoo!ニュースからのお知らせ