ここから本文です

京大初のプロ誕生は確実。ヤクルト、ロッテ、阪神が上位指名で争奪戦?

2014/10/17(金) 10:25配信

THE PAGE

 京大の田中英祐投手(4年)の評価が急浮上している。今回のドラフトでは、昨年、広島が引き当てた大瀬良大地のようにローテーション投手として勝ち星が計算できるような即戦力投手が不足している。将来性を期待される大型の高校生投手も、前橋育成の高橋光成や済美の安楽智大くらいで、ドラフト戦線は“凶作”だ。
 その影響で押し出されるように京大初のプロ野球選手誕生かと注目を集めている田中の指名予想順位が上がっている。11日に行われた関西学生リーグの関大―京大戦には、田中見たさのスカウトが8球団も集結した。かつてヤクルトで古田敦也や、宮本慎也ら多くの選手を発掘して名スカウトとして名を馳せた片岡宏雄氏も、「厳しい表現になるが、京大のこの投手が、上位指名候補として話題になるほど、今年のドラフトは競合するような目ぼしい選手が少ないということなのだろう」と見ている。
 すでに球団同士の駆け引きの中で上位の“順位読み作業”が始まっているが、ヤクルトが田中を3位もしくは4位の上位指名を予定しているという情報が流れている。2位以降は、ウエーバー方式のため、すでに獲得の意向を京大に伝えたというほど、熱心な阪神が、恋人・田中を獲得するためには3位までに順位を上げて争奪戦に参加する必要がある。また同じくロッテも強い興味を示している。当初は、京大初のプロ野球選手が生まれるかどうかが焦点だったが、現状では、田中が指名されるのは確実の状況で、しかも、上位の指名順位争いにまでなっている。
「常に140キロ台のストレートを投げることができるし、変化球を低めに集めてピッチング術も知っている。ただプロの体力は不足している。逆に言えば、そこをじっくりと鍛えれば伸びしろがあるということ」
 マークしてきた阪神の池ノ上スカウトは、そう田中を絶賛していた。
 最速は149キロ。スカウトは最速ではなく平均値を重要視するが、それも140キロ台をキープしていて、小さく動くツーシーム、カットボールに加えて、落ちる変化球も持つ。8月下旬の阪神2軍との交流戦では、すでに“プロ”に通用する片鱗も見せた。京大では工学部に所属。あるスカウトは「さすが理系。変化球も多彩で配球もすべて考えつくされている」という。
 “頭で野球をやる”ことには優れていて、初の京大卒プロという話題性も十分だ。

プロ野球、在籍率で楽しむドラフト会議 ── 結果、どれくらいプロに残っているのか?

1/2ページ

最終更新:2015/11/20(金) 4:51
THE PAGE

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合11/19(日) 1:55