ここから本文です

【動画付き】大阪・道頓堀 6代目グリコ看板が完成 ── LED映像が流れるリニューアル

2014/10/23(木) 15:17配信

THE PAGE

 6代目始動 ── 。大阪市中央区道頓堀の名物として親しまれている江崎グリコ看板のリニューアル工事が終了。23日夜、約14万個のLEDを使用して映像が流れる「6代目道頓堀グリコサイン」が披露された。工事期間中に代走を務めた女優の綾瀬はるかも登場し、点灯ボタンを押した。道行く人からは、久々に復活した名物看板の姿を目の当たりにし大歓声があがるなど、大阪・ミナミの夜は祝福ムードに包まれている。

「ウイスキー少しずつ出てます」。NHK朝ドラ「マッサン」好調で需要高まる?

工事期間中は代走の綾瀬はるかシートが話題に

 同看板は今年4月にリニューアルを発表。先代の5代目看板は8月17日に16年の歴史に幕を閉じた。その翌日から看板は工事シートに覆われたが、同25日にはシートにおなじみの「ゴールインマーク」ポーズをとった綾瀬はるかさんが登場。5代目看板の背景を、綾瀬が両手で持った緞帳(どんちょう)で閉じるという演出だった。

 今月8日には、その綾瀬はるかシートの背景が真っ赤になり「完成間近」という文字も書かれていたことから、SNSなどでも「どんなデザインになるんやろ?」と話題になっていた。

LEDチップ14万3976個を使用

 23日午後6時からは点灯式が行われ、同27分に看板に設置された大きなシートが落ちると共に、6代目道頓堀グリコサインが点灯された。これまでのネオン灯にかわってLEDを採用。大きさは高さ20メートル、横幅10.38メートルで、LEDチップ14万3976個を使用している。基本的には午後6時に点灯し、午前0時に消灯する仕組みとなっている。

 点灯ボタンを押した綾瀬はるかは「私は(工事シート)みにこれなかったんですが、家族は見に来てて。撮影する時、片足でこんな風に立ちました」といった撮影裏話を披露していた。

 今回の完成に江崎グリコの担当者は「これまでよりもさらに多くの世界中の方々に親しまれ、あいされる日本のランドマークを目指したいと思います」などと話している。

最終更新:2014/10/23(木) 21:21
THE PAGE