ここから本文です

蘇る伝統芸能!「やっとかめ文化祭」、開幕へ/愛知

2014/10/31(金) 22:26配信

THE PAGE

 江戸時代、「狂言」や「歌舞伎」など芸事が盛んな都市であった名古屋。かつて芸能による“笑い”を文化として愛し、活気に満ちた名古屋を取り戻そうと発起した祭典、「やっとかめ文化祭」が本日、10月31日より開幕する。明日からの本格的な開幕を前に、オープニングステージを慣行。会場のミッドランドスクエアに舞台が登場し、集まった客に向けて「狂言」や「歌舞伎」を披露した。

 オープニングステージは開始前から多くの観覧客で埋め尽くされ、会場の上階にまで人だかりができるほど。主催者の「(やっとかめ文化祭で)普段気付かなかった名古屋の魅力を発見してもらいたい」という挨拶でスタート。直後に同祭のシンボルでもある「笑い神」がエレベーターに乗って登場するなど、開始早々、会場の笑いを誘った。続けて、井上松次郎、佐藤融、野村又三郎による狂言「福の神」を披露。狂言特有の言い回しがミッドランド内に響き、興味を持った通行人が足を止め舞台に目を向けるシーンも見られた。

 「川上貞奴一座」による同祭の紹介を終え、歌舞伎舞踏「連獅子」でステージは後半へと差し掛かる。話題の「プロジェクションマッピング」を利用した映像を背景に、堂々たる歌舞伎舞踏が繰り広げられ、同祭の目的のひとつでもある「伝統」と「現代」の融合を表現した。最後は出演者一堂による、名古屋名物の「菓子まき」でフィナーレ。活気と笑いに満ちたオープニングステージで、これから25日間にわたって開催する同祭のスタートを飾った。

 オープニングステージを終え、同祭実行委員会の吉田さんは「予想以上に人が集まってくれて嬉しい」と喜びの言葉を漏らす。「地元のみならず、東海や全国にまで名古屋の伝統芸能の魅力が伝わるようにしたい」と決意を口にした。
 同祭は全国初となる「狂言」のストリートライブをはじめ、伝統芸能の公演や体験講座、グルメ、まち歩きなど、130を越えるプログラムを用意。名古屋の歴史・文化の魅力を体感できる多彩なイベントを、名古屋市内一円で開催する。

地図URL:http://map.yahoo.co.jp/maps?lat=35.1700075&lon=136.8852028&z=18

最終更新:2014/11/1(土) 0:00
THE PAGE