ここから本文です

亀田兄弟の試合はなぜ日本で放映されないのか?

2014/11/3(月) 2:00配信

THE PAGE

 WBO世界バンタム級王者、亀田和毅(23歳、亀田)が現地時間1日、アメリカ・シカゴで同級暫定王者のアレハンドロ・エルナンデス(28歳、メキシコ)との王座統一戦に臨み、2-1の判定勝利で3度目の防衛に成功した。
 亀田和毅は、途中左目尻をカットして、試合後、左目は腫れ上がっていたが、終始、左右に足を使い、左ジャブを軸としたスピードのボクシングで翻弄。終盤、エルナンデスが前に出てくるとガードを固め接近戦にも応じて左右のショートとクリンチをうまく使いながら主導権を渡さなかった。

 勝利に徹した戦術は、殴り合いを好むアメリカのファンには受け入れられず、ブーイングも起きたが、メイウェザーを傘下に持つ敏腕エージェントのアル・ヘイモンと契約した試合を勝利で飾ったことで、次へと可能性がつながった。次戦はWBA同級王者のジェイミー・マクドネル(英国)との統一戦が浮上している。

 また、元3階級王者の亀田興毅(27歳、UNITED)もオマール・サラド(37歳、メキシコ)を相手に4回TKOで、1年ぶりの再起を果たした。
 亀田興毅は、自らのブログに「今までやってきて一回も思った事なかったけど、ここアメリカまで来て、俺の試合は前座の前座で、まだまだお客さんも少ない中で試合をする。ファイトマネーも経費とかで無くなるぐらい、ほとんどゼロに等しいぐらいでも試合をする。やっぱり俺って『ボクシングが好きなんやな』」とつづった。

 だが、和毅のV3戦と興毅の1年ぶりの復活戦は、日本ではテレビ中継もネット中継もされなかった。前回の和毅のタイトル戦は、後日、録画でネット中継されたが、今回はその予定もなく、一部のファンの間では「なぜ試合映像が見れないの?」という声が高まった。 

 全米ではボクシングの2大中継局のひとつであるショータイムが、このV3戦を放映したが、日本では、その映像を買う局はなかった。ショータイムと関係の深いWOWOWは、日本人ボクサーの海外での試合は、たいていの場合、後日、録画放映をしているが、亀田兄弟の録画放映予定は現在のところないという。

1/3ページ

最終更新:2016/2/15(月) 3:07
THE PAGE