ここから本文です

東京都が食生活調査。都民の約9割が「朝食を食べる」と回答

2014/11/4(火) 8:00配信

THE PAGE

東京都は「食生活と食育に関する世論調査」の結果をまとめた。約9割の人は朝食を食べていることが判明した一方、調理済みの惣菜や弁当を7割近くの人が利用していた。

調査は、東京都全域に住む満20歳以上の男女を対象に実施。標本数は3000。今年7月18日~8月3日に行った。全体の65.9%にあたる1977人から有効な回答を得た。

ふだん朝食を「食べる」人は、89%。「家族と一緒の食事が楽しいか」という問いには、「楽しい」と答えた人は93%だった。また、総菜や弁当などを利用している人は66%に上った。

また、地元や東京の産物の購入意向を聞いたところ、「購入したい」は68%。食事のとり方で気をつけていることについては、「野菜をしっかり食べる」は63%、「食べ過ぎない」と「栄養バランスを考えていろいろな食品をとる」がそれぞれ50%だった。

外食産業に望むことを尋ねたところ、「栄養バランスのとれたメニュー」50%、「食品添加物の少ない食材の利用」45%、「カロリーなど栄養成分の表示」34%ーーと続いた。

最終更新:2014/11/4(火) 8:00
THE PAGE