ここから本文です

金星まであと一歩だった日本ラグビーが見せた強みと課題

2014/11/8(土) 20:43配信

THE PAGE

 後半32分、この日初めてのリードを奪った。フルバック五郎丸歩副将のペナルティーゴール成功で、18-15とした。クライマックスでの失点で逆転されるが、その直後の反攻で「20,515人」のスタンドを沸かせた。

  司令塔、スタンドオフの小野晃征の実感。
「ボールさえキープすれば、相手の反則も取れる。まずはキープ」

 意志は、試合終了のブザーが鳴ってからも貫かれた。敵陣の22メートル線が見えてきた。
 しかし、最後はナンバーエイトのアマナキ・レリィマフィが落球する。関西大学Bリーグの花園大出身で、今秋から代表入り。この日も80分間を通してパワーを発揮してきたフレッシュマンだったが、力尽きたか。

「普通なら考えられへんけど…」

 相手はすぐに、タッチラインの外へ楕円を蹴り出した。
18-20。いわゆる「あわや金星を逃す」といった内容で、戦い終えるのだった。

 テストマッチ10連勝中だったラグビー日本代表「JAPAN XV」は11月1日に神戸で、ニュージーランドの先住民であるマオリ族をルーツに持つマオリ・オールブラックスに21-61と40点差をつけられ完敗を喫した。

「きょうはあえて、チャレンジの要素を加えました。グラウンドのどこからでもアタックした。来週は、もっとスマートにプレーします」

 兵庫のノエビアスタジアム神戸で、ジョーンズHCは妙に明るい表情だった。着任して約2年半で世界ランクを11位(一時的に10位)とした日本代表の攻撃を、「国際ラグビーボードの世界ランクで6、7位くらい(は現在)」のマオリ・オールブラックスを相手にフル出力。それがどのくらい通用するのか、問題点があるとすればどこかを見たかったのだ。

 攻めて、攻め込んだ先で球を失い、あっという間に大量失点した格好だった。「特にカウンターアタック(手数の少ない攻め)で(相手の)組織力を感じました」とは、この日に先発して敗れたロック伊藤鐘史だ。マオリ・オールブラックスはJAPAN XVのランナーに鋭いタックルをかましてじっくりと守備列を形成。JAPAN XVがたまらず複数のサポート役をランナーにつければ、次の局面で孤立したJAPAN XVの選手をマオリ・オールブラックスの束が強襲。ミスを誘って攻撃権を得るや、短い手数でインゴールまで駆け抜ける…。JAPAN XVが奪われた8つのトライのうち6つは、攻守が逆転する「トランジション」という局面でのものだった。 

1/4ページ

最終更新:2016/2/17(水) 3:20
THE PAGE