ここから本文です

<私の恩人>大泉洋、役者への挑戦は怖かった

2014/11/8(土) 16:15配信

THE PAGE

北海道のスターから、いまや全国区のエンターテイナーとなった俳優でタレントの大泉洋さん(41)。8日に公開された映画「トワイライト ささらさや」でも、女優・新垣結衣さん(26)と夫婦役を演じ、亡くなってからも妻と子供を見守る落語家役を熱演しています。俳優でありながら、北海道では3本のバラエティー番組のレギュラーを持つ。オンリーワンの存在としてわが道を突き進む大泉さんですが、常に心にあるのは恩人からの言葉だと言います。

全国的には分からない方もいるかもしれないんですけど、僕にとっての恩人となると、この人なんですよ。「水曜どうでしょう」(北海道テレビ放送・HTB)でずっと一緒に旅を続けてきて、私の事務所「CREATIVE OFFICE CUE」の会長でもある鈴井貴之です。

何と申しましょうか、要所要所のきっかけを作ってもらった人なんですよね。鈴井さんがいなかったら、今の私はないです。

そもそも、当初、私は大学の演劇研究会にいた普通の大学生だったんですけど、当時、鈴井さんがレギュラー出演していたHTB「モザイクな夜V3」という深夜番組がありまして。その中に「おはよう元気くん」というコーナーがあったんです。

そこに“元気くん”というキャラクターがいたんですけど、その元気くんをやっていた方が東京で役者をするということで、辞めちゃったんですね。そこで、早急に二代目を探さなきゃいけなくなり鈴井さんがテレビ局から代わりの人間を探してほしいと頼まれたそうなんですけど、こういうのをご縁と言うのか、たまたま私の大学での初舞台を見た人が鈴井さんに「1人、おもしろい人がいる」と言ってくれたんですよね。そんな経緯で番組に出ることになりまして、私はアルバイト的にテレビの仕事を始めたんです。

興味がなかったわけじゃないですけど、その時点ではテレビの仕事で食べていくなんてことはまったく考えてなかった。ただ、じわじわと私のトーク力が買われて(笑)『元気くん』を卒業し、スタジオにも呼ばれるようになり、それから1年も経たないうちに「水曜どうでしょう」が始まって、後はあっという間に番組がブレイクしてしまったんです。

それからはもうずっと忙しくて、多い時は北海道でテレビとラジオのレギュラーを7~8本やらせていただいていました。

振り返ってみると、僕にとっての人生の転機と言えるものは2回ありまして。1つは今話した、北海道でタレントの仕事を始めた時。そしてもう1つは30歳手前ぐらいでしょうか、本格的に役者の仕事をしようと思い、事務所と話し合って東京の仕事をするようになった時なんです。その時言ってくれた鈴井さんの言葉が今も心に残ってるんですよね。

1/2ページ

最終更新:2016/2/16(火) 2:39
THE PAGE