ここから本文です

香川 マンUでの2年は空白か収穫か

2014/11/26(水) 11:00配信

THE PAGE

 香川真司がもがき苦しんでいる。夏の移籍ウインドーが閉じる直前の8月31日に、古巣ドルトムントへ2シーズンぶりに復帰。慣れ親しんだトップ下でコンスタントに先発出場を続けているが、ブンデスリーガ連覇の原動力となったときに放った存在感にはほど遠いプレーに終始している。

 ハビエル・アギーレ監督体制に変わった日本代表でも、「4‐3‐3」のインサイドハーフとして3試合に先発。年内最後の国際親善試合となった18日のオーストラリア代表戦では、前半途中のシステム変更とともに「4‐2‐3‐1」のトップ下へスイッチしたが、ゴールを奪えずに終わっている。

 試合後には唇をかみながら、反省の弁を残している。
「攻撃で起点を作れなかったし、その意味では物足りなかった」

 2シーズンにわたるドルトムントでの活躍が評価され、プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドへ完全移籍したのが2012年6月。さらに大きな期待と注目を集めたが、1シーズン目はけがによる長期離脱もあってなかなか波に乗れず、監督がアレックス・ファーガソンからデイビッド・モイーズへ代わった2シーズン目は開幕直後からベンチ外となる試合が続いた。
 後半戦は徐々に出場機会を得るようになったものの、ドルトムント時代にヨーロッパを驚かせたスピードと得点感覚は戻らない。最終的にはセレッソ大阪でプロデビューを果たした2007年以来、初めてノーゴールのままシーズンを終えている。

 そして、ワールドカップ・ブラジル大会でオランダ代表を3位に導いた実績を手土産にマンチェスター・ユナイテッドの新監督に就任したルイス・ファン・ハール氏は、開幕前の親善試合で香川のボランチとしての適性を試した上で厳しい評価を下していた。
「彼は私の望みと哲学を満たさなかった」

 こうした流れもあって、契約を2シーズン残した上での古巣への復帰が加速した。それでもかつての輝きを取り戻せないのは、マンチェスター・ユナイテッドでの特に2シーズン目で試合勘が大きく失われたからなのか。だとすれば、世界的な名門チームの一員に名前を連ねた2年あまりは、香川にとって失敗であり、無意味な時間だったのか。

1/3ページ

最終更新:2016/2/13(土) 3:16
THE PAGE

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合