ここから本文です

羽生はなぜNHK杯出場にこだわったか。

2014/11/28(金) 1:09配信

THE PAGE

 11月28日に大阪で開幕するフィギュアスケートGPシリーズ第6戦・NHK杯に向け、27日、日本勢が公式会見を行い、GPシリーズ第3戦・中国杯で頭部や左大腿など5カ所を負傷したソチ五輪金メダリストの羽生結弦(ANA)が、NHK杯強行出場を決意するに至った経緯について語った。

 中国杯でのアクシデント以降、初めて公の場で口を開いた羽生は、会見の冒頭でまず深々と頭を下げ、「中国杯でのけがについて、みなさんに心配をお掛けしたことを深くお詫び申し上げます」と第一声を発した。
 そしてNHK杯に向けては、「今回は万全な調子ではないために、ショートプログラムもフリーもレベルを少し落とす構成にしている」と、今シーズンに備えて予定していたプログラムよりも難度を落として臨むことを説明した。
 NHK杯は公式戦であるとはいえ、五輪や世界選手権と比べれば規模も権威もそこまで大きくはない。ISUランキングを決めるためのポイント付与も少ない。しかも羽生は、五輪でも世界選手権でもすでに金メダルを獲得している王者であり、会見では、「構成を下げてまで出るのかと言われたら、皆さんに本当に申し訳ないと思っている」と複雑な思いも口にした。完璧とは言えない姿をさらけ出すことを覚悟してまでなぜNHK杯出場にこだわるのか。

 理由は、連覇の懸かったGPファイナルへの出場を強く欲しているからだった。羽生はNHK杯に出場するに至った心境の流れについてこう説明した。
「まず、中国杯では、普通だったら棄権するような大きなケガをしてしまったが、現地でしっかりと診断していただき、そのうえで僕自身の意志を尊重して滑らせていただけた。だから、(ブライアン・オーサー)コーチや(日本スケート)連盟には感謝しているし、中国杯でのあの演技を無駄にしたくないという思いがあった」

 羽生によると、「側頭部のケガは ハンヤン(閻涵=えんかん)選手の肩か顎にぶつかったと思うが、この箇所に関してはそんなに出血が多くなかったし、衝撃(の度合い)も頭が揺れたという感覚があまりなかった」と、当時の状況を説明した。
 合計5カ所のケガの中で重かったのは、腹部と左太腿の打撲。「痛くて眠れなかったりとか、歩くのも大変だった時期もあった」と言い、練習を再開した当初は「(出場を)辞めるという考えもあった」と吐露した。
 けれども、NHK杯に出場したいとの意欲は日に日に増した。そもそも中国杯でケガをした時点でもNHK杯を欠場しようというつもりは本人にはなかった。
 最終的には11月26日の非公開トレーニングを終えた時点で「感覚的にはほぼ普通の状態に近いという判断をして、(オーサー)コーチと、(日本スケート)連盟のドクターと話をして出場するということになった」という。
 

1/2ページ

最終更新:2016/1/5(火) 3:45
THE PAGE