ここから本文です

「第2次安倍政権の2年間を総括、政治学者の評価は?」 飯尾潤、逢坂巌、中北浩爾らが討論 (2)

2014/11/28(金) 8:00配信

THE PAGE

 THE PAGEは25日夜、3人の政治学者を招き、討論番組「<THE PAGE 生トーク>衆議院解散! 総選挙をどう見るべきか?」をライブ配信した。今回の総選挙への見方や意味について、飯尾潤・政策研究大学院大学教授、逢坂巌・立教大学兼任講師、中北浩爾・一橋大学教授の3氏が語った。聞き手はジャーナリストの武田徹氏。

 今回は、「第2次安倍政権の2年間の総括」について語った部分を動画でアーカイブ動画で公開します。ページ内の動画プレーヤーからご覧下さい。

■出演者プロフィール
飯尾潤(いいお じゅん)
政策研究大学院大学教授、政治学。著書に『現代日本の政策体系』(ちくま新書)『日本の統治構造』(中公新書)、編著に『政権交代と政党政治』(中央公論新社)など

逢坂巌(おうさか いわお)
立教大学兼任講師。専門は現代日本政治、政治コミュニケーション。著書に『日本政治とメディア』(中公新書、2014)。共著に『テレビ政治』(朝日新聞社)、『政治学』(東大出版会)など。

中北浩爾(なかきた・こうじ)
一橋大学教授。近著に『現代日本の政党デモクラシー』(岩波新書)、『自民党政治の変容』(NHKブックス)。『民主党政権 失敗の検証』(中公新書)で「マニフェスト」の章を担当するなど、民主党についても詳しい。

武田徹(たけだ・とおる) 
ジャーナリスト・評論家・恵泉女学園大学教授。専門は近現代日本社会史、メディア論。著書に『暴力的風景論』(新潮社)、『原発報道とメディア』(講談社)、『流行人類学』(日経BP社、サントリー学芸賞受賞)などがある。

最終更新:2015/6/2(火) 4:37
THE PAGE