ここから本文です

奇跡のGK、山形の山岸は、無骨な親分

2014/12/1(月) 9:46配信

THE PAGE

衝撃的だったゴールキーパーのゴールから一夜が明けた。来季J1昇格の最後の1枠を懸けた「2014 J1昇格プレーオフ」の準決勝が11月30日に行われ、モンテディオ山形が2-1でジュビロ磐田を下し、ジェフ千葉と戦うプレーオフ決勝(12月7日、味の素スタジアム)に進出した。
 1-1で迎えた後半アディショナルタイムに右CKからヘディングシュートを決めたのはGK山岸範宏。Jリーグ史上初のGKによるヘディングシュートを決めた“奇跡のGK”とはどんな男なのか。

「初めて山形に来て、このチームはトレーニングのとき、ピッチ上でお互いに要求し合うことがあまり得意ではないのかなと感じました」
 14年間在籍した浦和レッズから今年6月に山形へ移籍。36歳のGKは、移籍当初をこのように振り返った。
 山岸は埼玉県熊谷市の進学校である熊谷高校から中京大を経て01年に浦和に加入。同い年の都築龍太と張り合いながら浦和のゴールを守り、06年にJリーグ優勝を果たしたときは正GKを務めていた。
 性格は根っからのリーダータイプで親分肌。浦和では移籍加入してきた選手が真っ先に挨拶に行くという存在だった。面倒見の良いことでも知られ、やんちゃな原口元気(現ヘルタ・ベルリン)に辛抱強く“生活指導”をしていたことも。加えて、体作りに熱心で、浦和時代には練習後に後輩を引き連れて居残りで体幹トレーニングをする姿がよく見られた。

 浦和で出場機会が減り始めたのは12年だった。ミハイロ・ペトロヴィッチ監督の就任に伴い、GKにもビルドアップに参加することが求められるようになり、ガッチリ守るタイプの山岸は出番を失った。
 昨季終盤にはレギュラーを奪い返したものの、今季はサンフレッチェ広島から日本代表GK西川周作が移籍加入したことにより、さらに出番は減少。ワールドカップによるJ1中断期間中の6月、出場機会を求めて山形に移籍した。

1/2ページ

最終更新:2016/2/15(月) 4:33
THE PAGE

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合