ここから本文です

2015年1月1日のFacebook規約改定で何が変わる? 注意すべき点は

2014/12/27(土) 11:00配信

THE PAGE

 2015年1月1日にFacebookの規約が改定されます。詳しい改定内容についてはこちら(https://www.facebook.com/about/terms-updates)から見られますが、内容が多岐にわたり、若干分かりづらくなっています。

 ところが、2015年1月1日以降にユーザーがFacebookのサービスを利用した時点で、改定した利用規約、データポリシー、Cookieポリシー、アプリ・サイトにおける広告表示などに同意したものとされてしまいます。

 その前に、規約改定で何が変わるのかというポイント、改定前にしておかねばならないことについて理解しておきましょう。ここでは、特に注意すべき点を中心にお伝えしていきます。

情報の公開範囲は自己責任で設定を

 まずは、プライバシーベーシック(https://www.facebook.com/about/basics/)の導入です。プライバシーベーシックとは、Facebook上の情報公開に関するガイドです。このガイドには、Facebookでシェアした情報・コンテンツの共有範囲の設定、他の人の投稿やコンテンツの管理、表示される友達のコンテンツや広告の管理が含まれます。

具体的には以下が該当します。
・近況アップデート・写真・動画を投稿する際の公開範囲設定
・プロフィール・友達リストの公開範囲設定
・友達以外から検索された時に公開する情報の範囲
・「いいね!」やコメントの共有範囲
・タグ付けされた写真の共有範囲
・Facebookアカウントの停止・削除
・自分のタイムラインへ投稿できる人
・自分が投稿したコンテンツへ「いいね!」やコメントできる人の範囲
・写真に付けられたタグの削除
・友達削除とブロック
・アカウントに不正ログインされた時にすべきこと
・表示される広告
・ニュースフィードに表示されるコンテンツ
の設定などです。

 つまり、公開範囲の設定については自己責任で行う必要があるということです。分かりやすいガイドが用意されたので、それぞれの項目について設定してみましょう。

1/2ページ

最終更新:2015/12/16(水) 4:57
THE PAGE