ここから本文です

2015年開運グッズは? ── いろんなアイテムまとめてみました

2015/1/4(日) 11:17配信

THE PAGE

 毎年年末になると、翌年の運勢を占う雑誌が一斉に並ぶ。2015年を乗り切るための開運アイテムやキーワードを、ここでは具体的に紹介。

来年は成長と発展の年

 内面と向き合って、やる気を起こして行動力をもって前進することが大切です。2014年は四緑木星の年でしたが、2015年は三碧木星の年です。「縁」の力を持つ風の年だった昨年、出会った人は自分にとってのキーパーソンです。離れていった縁は成長するために必要な事だったと忘れること。今年は発展・成長をし、来年はその成長にさらなる栄養を与え、実らせる年になります。

 ですから、今年は自分の成長を助ける行動をとることを心がけてください。今よりも発展していく自分をイメージすること、発展できるための人と出会うように時の運気を司ることが重要です。時間を有効に使うこと、自分に流れている時を意識するようにしてください。そして、人と時間を共有することを大切にしてください。

ラッキーカラーとアイテム

■ラッキーカラー

 来年の気運を成長させてくれる色は、女性が赤と青。勝負下着とはいいませんが、今年は赤い下着がラッキーアイテム。お花だと、薔薇やダリアが◎。花瓶で赤や青を取り入れるのもオススメ。男性はグリーンがラッキーカラー。グリーンを取り入れる事で、気の流れが良くなります。

■ラッキーモチーフ

イニシャル:この世に生を受けて一番最初に与えられた言霊。バッグチャームなどでもいいので、日常生活に取り入れてみて。
星:星は出会いのモチーフ。出会い運をあげる意味も込めて、意識してみて。
ウサギ:チャンスを掴み、飛躍をさせるモチーフ。
クローバー:幸運のモチーヅとして定番ですが、今年はいい出会いをさらにそのさきへと発展させてくれます。

■ラッキーアイテム

・リネン類

やはり新年は、真っ新なシーツと布団・枕カバーで始まると、その年を気持ちよく過ごせるので、新調することのがオススメ。できればフェイスタオルやバスタオルも新調できればなお良し。

・名刺入れ

バリバリ働く社会人は、自分自身の発展のために名刺入れが大切。自分の全てが書いてある名刺が入るところなので、肩書き・名前が変わったら、一年に一回は買い替えるのがベスト。名前やイニシャルの入ったものならさらに良し。

・お財布

年が明けると、お財布を買い替える人も多いのでは?しかし、お財布は、できれば同じ物を三年以上は使わないほうが良い。またイニシャルのチャームなどを付けると、なお良し。ちなみに、買ったばかりのお財布にはまず9日間はいつもの3倍のお金を入れること(その期間はなるべく、出し入れは控える)。その金額を財布が覚え、常にそれぐらい入れられるような金運になります。

・時計

来年は、腕時計をすることは大切。タイミングを合わせる意味があるので、これもできれば身につけると◎。特に女性は、フェミニンな時計をつけることで女性らしい時が刻める。メンズライクな時計だと、男っぽい時間を刻むので、女性はできることなら女性らしいブレスレットタイプのものが◎。仕事の時はメンズライクな時計でもオッケー。

・ペン

書くものはステータスを表すことでもあるので、意識してください。大事な用事は、大切なペンで書くことを心がけて!

最終更新:2016/1/13(水) 4:23
THE PAGE