ここから本文です

中谷美紀 映画「繕い裁つ人」主人公は友人そっくり!?

2015/1/4(日) 13:00配信

THE PAGE

 女優・中谷美紀が主演を務める映画「繕い裁つ人」が1月31日公開初日を迎える。本作を手がけるのは、「ぶどうのなみだ」「しあわせのパン」などを手がけた三島有紀子監督だ。町の仕立て屋と常連客たちが織りなす日々を描いた池谷葵の同名人気コミックを実写映画化した。

 舞台となるのは、神戸の街を見渡す坂の上にある仕立て屋「南洋裁店」。中谷演じる市江は、初代の祖母から店を継いだ2代目店主という役所。昔ながらの職人スタイルを貫く市江のオーダーメイド服は、常連客の間でも大人気だが、「洋裁店」という名の通り、大量生産や消耗品という時代の流れに逆行するスタイルでもある。そんなやり方を頑に守り続ける頑固親父も顔負けの市江の小さな変化と成長を、さまざまな人間模様を通じて垣間みることができる心温まる作品だ。

「市江」は私の友人にそっくりなんです

 ──本作への出演に至った決め手はなんでしたか?

 もともと、私が三島有紀子監督の作る独特の映像美の世界のファンだったので、いつか私も三島世界の住人になりたいなと、かねてから思っていたことがこの映画への出演を決めた理由のひとつです。三島監督は、一見ほんわかとした女性ですが、いざ現場に入ると、とにかく男前、とでもいいますか・・・主人公の市江と同じくとても職人気質な人なんです。そんな意外な一面を垣間みつつも、三島ワールドの仲間入りが果たせて、本当にうれしく思っています。また、共演者さんたちも本当に魅力的な方たちばかりで、いろいろな意味で楽しく毎日が充実した撮影の日々でした。

 ──ご自身と主人公・市江に共通点はあると思いますか?

 似ている点があるかといわれると、あるにはあるけれど、市江は私の友人にそっくりなんです。ですから、とても親近感を持って演じる事ができました。ちなみに、その友人というのは、デザイナーをやっているのですが、私にとってここ一番という時の服は、彼女にオーダーしています。軍師官兵衛の制作発表会でも彼女が作ってくれた服を着ましたし、今回の完成披露試写会でも着ました。パリで勉強した彼女は、数々の老舗メゾンでの経験を経て今自分のブランドを切り盛りしているのですが、もの作りに対するこだわりや職人気質な性格が、まさに市江そのものなんです。

 その友人は私の周りの中のほんの一人ですが、自分がやっている仕事に少なからずともプライドを持って向き合っている人なら、だれしも譲れない「こと」や「もの」ってあると思うんです。そういった点においては、観る人が共感する点もこの映画にはいろいろ詰まっていると思います。

1/2ページ

最終更新:2016/2/25(木) 4:38
THE PAGE