ここから本文です

週刊・新聞レビュー(1・13)「イスラムを侮蔑する風刺画、どこまで許される?」徳山喜雄(新聞記者)

2015/1/13(火) 18:26配信

THE PAGE

異論を許さない空気が蔓延

 2001年の米国での同時多発テロ「9・11」、2011年の東日本大震災と福島原発事故にも匹敵する衝撃がフランスに走った。多くの移民を抱える欧州社会、とりわけフランスにとっては事件の前と後で、社会をみる目や価値観が一変するような劇的な体験であったのではないか。

 9・11のときもそうであったが、善と悪にくっきりと色分けされ、異論をはさむことを許さない空気が社会に蔓延した。社会が単色になり、移民を追い込んでいくといった流れになるのは危険だ。

 この点で読売新聞1月12日朝刊の「緊急 論点スペシャル」はすぐれていた。

 フランスの歴史人類学者のエマニュエル・トッド氏に電話インタビューし、次のようなコメントを掲載した。

 「私も言論の自由が民主主義の柱だと考える。だが、ムハンマドやイエスを愚弄し続ける『シャルリー・エブド』のあり方は、不信の時代では、有効ではないと思う。移民の若者がかろうじて手にしたささやかなものに唾を吐きかけるような行為だ。ところがフランスは今、誰もが『私はシャルリーだ』と名乗り、犠牲者たちと共にある」

 「私は感情に流されて理性を失いたくない。今、フランスで発言すれば、『テロリストにくみする』と受けとめられ、袋だたきに遭うだろう。だからフランスでは取材に応じていない。独りぼっちの気分だ」といまの考えと気持ちを吐露した。

 中東政治に詳しい千葉大教授の酒井啓子氏も同様な視点から、「『表現の自由を守る』イコール『シャルリーを認める』となってしまうと、表現の自由は尊重するが『シャルリー』の侮辱に耐えられないという人たちが置いていかれる。イスラム社会は『シャルリー』の擁護がイスラムをこきおろしてもいいという話しにつながっていく危険性を感じていると思う」と指摘した。

 トッドと酒井両氏のコメントは、二元論で語るのではなく、第三の視点を提示しており、傾聴に値するものだ。(2015年1月13日)

※この批評は東京本社発行の最終版をもとにしています。

------------------------
徳山喜雄(とくやま・よしお) 新聞記者。近著に『安倍官邸と報道―「二極化する報道」の危機』(集英社新書)。

2/2ページ

最終更新:2016/2/24(水) 3:20
THE PAGE