ここから本文です

直木賞・西加奈子氏「みんな本屋に行ってほしい」

2015/1/15(木) 21:58配信

THE PAGE

 第152回芥川賞・直木賞が15日夜、発表され、芥川賞は小野正嗣氏の「九年前の祈り」、直木賞は西加奈子氏の「サラバ!」が受賞した。その後、都内のホテルで両氏が受賞の喜びを語った。

【動画】第152回「芥川賞・直木賞」決定 受賞者が2人が会見

 文学賞受賞ではなく、持ち込みでデビューしたという西氏。「デビューしたときは5冊書きたいと思っていたけど、何十冊も書けたことに驚いた」。

 作中の「信じた道を生きる」というポジティブな生き方は両親に影響受けたのか、との問いには「父は『私たちが勝手に産んだんだから、お前の好きなように生きなさい』と言ってくれて感謝している」と述べた。こうした「信じるものに向かう力」について、西氏は「本からもらった。ハッピーエンドをなぜ書けたかというと、同時代の作家がいろんな作品を書いてくれたから」と感謝した。

 そして「小説はニュースにならないこと、時代という大きなシャベルですくったときにこぼれ落ちるものだと思う」と述べ、そういったものを書いていきたいと語った。

 新日好きでプロレス・フリークの西氏は、文学界とプロレス界をよく重ね合わせるといい、「文学もいま本が売れないと言われる。太宰(治)で終わったとか、小説を書くことがダサいと言われたこともある。でもすごい作家(選手)たちが全力で書いている。また絶対盛り上がる」と熱く語り、「みんな本屋に行ってほしい。とにかく一冊買って読んでほしい」と文学再興を願った。

最終更新:2015/8/22(土) 4:57
THE PAGE