ここから本文です

<速報>イチローのマーリンズ入団会見「必要とされることを欲していた」

THE PAGE 2015/1/29(木) 13:46配信

FAとなっていたイチロー外野手(41)のマイアミ・マーリンズの入団記者会見が29日、都内のホテルで行われた。報道陣は100人以上。フロリダからわざわざ、マーリンズのデイビット・サムソン球団社長、マイケル・ヒル、ベースボールオペレーション代表、ダン・ジェニングスGMが駆けつけて出席したVIP会見。スーツに身を包んだイチローは、緊張からか、何度も日本茶を飲みながらマーリンズ第1声を発した。なお契約は1年、200万ドル(約2億3600万円)プラスの出来高払いとされている。
以下は、公式会見での一問一答。

[写真特集]メジャーリーガー イチローの軌跡

ーーマーリンズと契約が成立。日本で入団会見となりました。
「こんにちは。ただ、ただ、恐縮しております。(球団幹部が日本へ来るのに)マイアミからトータルで18時間もかかったそうですが、この機会(入団会見)を日本で実現できるということは、通常ありえないことと認識していて、たただ恐縮しております。こういう会見は2000年以来になります。みなさんに僕が、どのように料理されていくのか、という大いなる不安と、どううまく料理してくれるかの、大いなる期待が混在しております。どうかよろしくお願いします」

――現在のありのままの心境を聞かせて下さい。
「まず球団のやたらと熱い思いが伝わってきて、この思いに応えたいと思いました。昨日、実際、(球団幹部と)顔を合わせて話をして、その気持ちが大きく沸いてきた。この2年間、欲していたものは、これだったのじゃないかなと思っています、選手として必要としてもらえること。これが僕にとっては何よりも大切なもので、大きな原動力になると思う。今、その思いに応えるための準備をする時期。そして、この会見をいかに穏やかに終わらせるのか、それに集中しています」

――メジャー通算3000本安打など大記録が迫っている。その記録の位置づけは?
「数字は、もちろん大切なものです。これがなくては現役を続けることはできないと思っています。だが、それがすべてではないということは、はっきりと言えます。もちろん、チャンピオンになること、節目の数字をクリアすることは、大事なことでありますが、その目標があるからというだけで、プレーを続けるわけではありません。人は、そういうわかりやすい数字や目標を求める傾向にあります。それは自由であっていい。人の口に戸をたてられずという言葉もあります。現代は、いろんな情報が視覚化されて入ってきます。それを抑えることはできないし、人がどう思うかは自由です。だが、僕自身は、それが、すべてではありません」

――背番号は「51」となりました。
「実は、昨晩、ユニホームをもらいました、背番号は15番でした、どうしてかな?と思ったんですが、アメリカは、右側通行、日本では左側通行、そういう解釈もあるのかなと思い、今も、その15番を隠し持っています。ただ(これからは)サインを書くときは、51と記すことができます。僕の本能で、背番号が(ヤンキースで)31になったときに一番最初に書いたサインは、51と書いてしまったくらいで、手は、51をよく覚えています。無意識下で51としっかりと書けることが嬉しいです」

――日本、および、世界中のファンへのメッセージを!
「これは質問ではなく、お願いですね、一番、僕が苦手とすることのひとつです、少し考えます」(と言ってお茶を飲む)。
「新しい場所に行って新しいユニホームを着てプレーすることに決まりましたが、これからも応援よろしくお願いします。とは、僕は絶対に言いません、応援していただけるような選手であるため、自分がやらなければならないことを続けること、ということを約束させていただき、それをメッセージとして宜しいでしょうか」

1/2ページ

最終更新:2015/12/16(水) 4:54

THE PAGE