ここから本文です

NHK震災証言映像、東日本大震災から4年目の課題

2015/3/6(金) 14:00配信

THE PAGE

 東日本大震災関連の証言映像とニュース映像1000本以上が収録されているNHKのウェブサイト「東日本大震災アーカイブス」が新たな役割を担おうとしている。震災被害の風化を防ぎ、震災の教訓を自分のものとするためには、何ができるのか? 震災4年目に向けた課題を聞いた。

 NHKは、2012年1月7日に放映が始まった5分のミニ番組「あの日わたしは」で収録した映像を「東日本大震災アーカイブス」で公開してきた。「あの時、何が起こり、人々はどう行動したのか」を知ってもらおうと、さまざまな場面で被災した人たちの証言を集めた映像500本と首都圏や地方の放送局が取材したニュース映像800本を収蔵。教室での利用など、利用者が目的に応じて映像を探せるようになっている。

 膨大な資料を収蔵する一方で、「防災に関心がある人のなかでも、震災の記憶が薄くなってきています」と話すのは、同サイトの責任者を務める倉又俊夫チーフプロデューサーだ。NHKは2014年冬、サイトの利用意向についてグループインタビューを行った。そのなかで感じた印象なのだという。

 グループインタビューに応じた利用者は「どこから見始めていいか分からない」「備蓄に必要な量はどれくらいか」といった実利、実用の目線から情報を求めていた。倉又プロデューサーによると、アーカイブスのニーズは、次の3つの時間軸に分類できるという。

・その日どうだったのかを知りたい
・どう変わったのかを知りたい
・今どうなっているのかを知りたい

 震災被害の生々しさに人々の関心が集まり、そうした映像が必要とされる時期から、時を経て、その震災が今の自分たちにどう役に立てられるのかという教訓を活かす時期に変わってきたというわけだ。

 「一言で『被災者』と言っても、仮設住宅から出られる人、出られない人などがいて、それぞれの問題が拡散しています。また『震災の被害が大変だったんですよ』という証言映像だけでは伝わらなくなっています。これが4年目の難しさです」と倉又プロデューサーは話す。 

 アーカイブスというサービスは、いつでも利用者が自分が必要とする映像証言を引き出せるようにはなってはいるが、逆に言うと、利用者に明確な目的がなければ適切な映像を引き出すことができない。そしてまた、毎日、毎週、見に訪れる類のコンテンツでもない。「しばらく間を空けてから見てみたい」というのが利用者の意見だった。

1/2ページ

最終更新:2015/9/16(水) 3:43
THE PAGE