ここから本文です

高齢化が進むJリーグファン 2ステージ制は起爆剤となるか

2015/3/9(月) 15:00配信

THE PAGE

 2015年シーズンが開幕したJリーグに、ちょっと気になるニュースが飛び込んできた。Jリーグが毎年実施している「スタジアム観戦者調査」の2014年シーズン版がこのほど発表され、スタジアム来訪者の平均年齢が40.4歳に達したことが明らかになったからだ。

 2013年シーズンの平均年齢は39.5歳で、40歳を越えたのは調査が始まった2004年シーズン以来でもちろん初めてのことだ。2004年シーズンの34.1歳から少しずつ上昇してきた平均年齢が、ここにきて一気に0.9歳もはね上がった事実が意味するものは明白だ。

 つまり、Jリーグがターゲットとして据えてきた「若い層のファンの新規開拓」がなかなか進んでいない現実が浮き彫りとなったわけだ。スタジアムへ足を運ぶファンの顔ぶれがほとんど変わらないまま、全体としてひとつ年を重ねたことになる。実際、Jリーグの試合を初めて観戦した人が占める割合は、前年比0.5%減の8.0%にとどまっている。

 そのうち女性が占める割合が、2013年シーズンの46.3%から53.4%へと大きく跳ね上がっている。これは日本代表FW柿谷曜一朗、アンダーカテゴリーの各日本代表に名前を連ねるFW南野拓実をはじめとする有望若手選手を数多く擁し、「セレ女」と命名された女性ファンを新たに開拓したセレッソ大阪に負う部分が多いと言っていい。

 そのセレッソもJ1への残留がかなわず、柿谷は昨シーズン途中にスイスの名門バーゼルへ、南野もこのオフにオーストリアの強豪ザルツブルクへ移籍した。8日にはJ2が開幕するが、昨シーズンまでのブームが一過性で終わってしまうことも残念ながら否定できない。

 あくまでも仮定の話になるが、事態が現状のまま推移していけば、スタジアム来訪者の平均年齢も自動的に上がり続けていくことになる。いわゆる「先細り」の状態になりかねないわけで、当然ながらJリーグにとっては死活問題となってくる。

 陥りかけている「負のスパイラル」に歯止めをかけて、未来へ向けて反転させていく目的を込めて、Jリーグは7日から幕を開ける今シーズンのJ1で2ステージ制を復活させる。

 ホーム・アンド・アウェー方式による2回戦総当たりのリーグ戦を長丁場で行い、最も安定した力を発揮し続けたチームにチャンピオンの称号を与えられる。こうしたリーグ戦の本質を理解した上で、あえて世界の流れに逆らう方式を再び取り入れた意図は明白だ。

 優勝争いのヤマ場を複数作ることでメディアへの露出を増やし、従来のファンやサポーターだけではなく、ライト層と呼ばれる新たなファン層の関心を呼び起こしてスタジアムへ足を運ばせる――。具体的にはファースト、セカンドの両ステージの優勝争いと、年間チャンピオンを決めるポストシーズンマッチで盛り上がりを作る。昨シーズンまでのリーグ戦と比べて、単純計算で3倍の盛り上がりが望めることになる。

 1993年シーズンに産声をあげたJリーグは2ステージ制を採用し、90分間を終えて決着がつかない場合は延長戦とPK戦も実施して勝敗をつけた。サッカー文化が根づいていない当時の状況を鑑みて、日本サッカー界独自の開催方式でライト層をスタジアムへ呼び込むことが目的だった。

1/3ページ

最終更新:2015/12/29(火) 4:56
THE PAGE

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合