ここから本文です

ちょっと寒い「啓蟄」大阪城梅林はウメ見物にぎわう ── 片平敦さん「今月は冬と春のせめぎ合い」

2015/3/6(金) 12:35配信

THE PAGE

 6日は冬ごもりしていた虫たちが動きだすころとされる、二十四節気のひとつ「啓蟄(けいちつ)」。近畿地方は青空が広がっているものの、大阪管区気象台によると、大阪市内では同日正午現在で最高気温は10度。少し寒さを感じるが、大阪市中央区の大阪城梅林ではウメが咲いており、春の光景を見ようと多くの市民でにぎわっている。関西テレビ「スーパーニュース アンカー」でおなじみ、気象解説者の片平敦さん(ウェザーマップ所属)は「今月は冬と春のせめぎ合い。寒暖さ激しいため体調管理に気をつけて」と話している。

【動画】6日「啓蟄」の大阪城梅林 ── 朝から多くの市民らでにぎわっていた

広さは1.7ヘクタールに約1270本のウメ

 同梅林の広さは1.7ヘクタールで約1270本、紅白のウメがみられる。1974年の開園以来、多くの市民や観光客らが訪れる名所として知られている。「今年はちょっと咲くのが遅めでした」と語るのは同梅林関係者。「気温の状況などによって変化するかもですが、来週も見ごろと思います」と笑顔で語る。

 寒さのためか、まだつぼみのものも多く、大きなカメラを持ったカメラマンも多く訪れ、青空と大阪城をバックに咲くウメのベストショットを求め撮影していた。城とウメを撮っていた女性は「なかなかええ場所が見つからん。けど、探すのがおもしろい」と苦笑する。

 大阪市淀川区から来たという女性(48)は「寒いけど、ネットでいい感じと見て来た。全体的には楽しめそうやけど、きょうはこうして晴れてるんで来てよかった」と話す。また、同市中央区から来たという女性(28)は「子どもと一緒に来ました。まだ生まれたばかりであまり遠出はできないけど、近くにこういうオアシスがあってうれしいですね。香りもいいから子どもも喜んでくれてると思います。来週もきます」などと話していた。

片平敦さん「出てきた虫もこの寒さ『無視』できない」

 寒い啓蟄となった6日だが「朝が冷え込み霜が降りたところもありました」と気象解説者の片平敦さんは話す。「日中は日が差し、さすがに日が当たれば3月なので暖かく感じますが、日陰などは寒いです」と続けた。

 また「土日は晴れて気温も高くなりますが、月曜日は雨の予報。この雨によって真冬の寒さが戻る予報です。再来週には暖かさが戻るなど今月は『冬と春のせめぎ合い』。きょう出てきた虫も『無視』できない寒さですね」などと、得意のダジャレを交え話していた。

地図URL:http://map.yahoo.co.jp/maps?lat=34.6869639371739&lon=135.52843002065498&z=15

最終更新:2015/3/6(金) 15:41
THE PAGE