ここから本文です

「イスラム国はピーク過ぎた」「中東はパラダイム転換期」「スンニ対シーア広がる」 中東専門家3人が議論

2015/3/7(土) 13:00配信

THE PAGE

 THE PAGEが5日夜、配信したネット番組「生トーク 中東とどう向き合うか ~イスラム国から日本外交まで~」では、3人の中東専門家が、過激派組織「イスラム国」の現状や中東の混乱の背景などについて議論した。

【アーカイブ動画】THE PAGE生トーク「中東とどう向き合うか」

 出演は、東京外国語大学教授の黒木英充氏、早稲田大学イスラーム地域研究機構招聘研究員の鈴木恵美氏、放送大学教授の高橋和夫氏。津田塾大学教授の萱野稔人氏、タレントの春香クリスティーンさんが司会・進行を務めた。

■イラク戦争とアラブの春

 現在の中東情勢は、シリア内戦が長期化し、昨年6月のイスラム教スンニ派過激派組織「イスラム国」の出現でさらに混迷を深めているようにみえる。黒木氏は、こうした情勢について「当初は宗派対立ではなかったかもしれないが、今は『スンニ派対シーア派』の構図が中東を覆い尽くしつつある」と分析する。

 鈴木氏は、混迷の一つの要因として「アラブの春」を挙げる。「アラブ騒乱で秩序が崩壊し、新しい秩序を模索しているところ。独裁者がいいとは言わないが、権威主義は国民の不満を押し込める。(アラブ騒乱によって)そのタガが外れてしまった」と語った。

 高橋氏もイラクを例に出して同様の見方を示す。「(イラク戦争で)フセイン政権を倒したツケが回ってきた。もともとイラクはまとまりが悪い国で、サダム・フセイン元大統領はホッチキスみたいなものだった。それを米国が外してしまい、イラクはバラバラになった」。

■イスラム過激思想の根源

 中東諸国と欧米との関係性にも変化が見える。鈴木氏は「中東はいまパラダイムの大転換期にある。いろんなものがガラガラと動きつつあることを頭に入れておくべき」と指摘する。例えば、アラブの春の影響で米国寄りだったエジプトがロシアや中国に接近する動きがあり、サウジと米国の関係性もシェールガス革命によって変わりつつあるという。

 高橋氏も「イラン革命以降はイランとアメリカとの綱引きだったが、アラブの春以降、イランと米国が近づいたり、今までの『分かりやすい構図』が崩れた」と語る。

 黒木氏は、イスラムの過激思想について言及。「イスラム教がまだ始まって間もない7世紀に、自分と意見が違うものをイスラム教徒と認めないという宗派が現れてくる。戦って殺してもいいんだという考え方で、18世紀のサウジアラビアの『ワッハーブ派』にもよみがえっている」といい、「いま起こっていることは時代錯誤やアナクロではなく、(イスラム教の)『非常に古い層』がぽっと顔を出している」と解説した。

1/3ページ

最終更新:2016/2/13(土) 3:57
THE PAGE

Yahoo!ニュースからのお知らせ