ここから本文です

北陸新幹線が金沢まで延伸開業「北陸が“近くて近い”関係に」 JR長野駅で出発式

2015/3/14(土) 8:10配信

THE PAGE

 北陸新幹線の長野~金沢延伸区間が14日、開業しました。東京~金沢間は最高速度260キロ、2時間28分で、1時間20分余の短縮。首都圏と長野、上越、北陸、関西圏を結ぶ高速・幹線鉄道網の整備が一段と進みました。情報、人の交流促進や観光の地域間競争・連携の拡大で関係地域の活性化が期待されています。

【動画】金沢まで延伸開業した 「北陸新幹線」ってどんな新幹線?

 金沢延伸の基点となるJR長野駅ではこの日午前6時前から出発式があり、6時11分発金沢行き「はくたか591号」をテープカットや記念撮影で祝いました。

東京~金沢が最短2時間28分

 国交省の本田勝事務次官や阿部守一長野県知事らが「延伸により、沿線・関係地域の発展を期待したい」「北陸がいよいよ“近くて近い”関係になる。北しなの線をJRから引き継ぐ第三セクターのしなの鉄道とともに地域を盛り上げていきたい」とあいさつ。反対側ホームなどに集まった市民や乗客が盛んにカメラのシャッターを切っていました

 一番列車を見送った長野市内の男性(23)は「金沢に行ってみたい。何か興味深いものが見つかるかも」と話し、朝のジョギング途中にホームに入ったという男性会社員(45)は「北陸はこれまで遠すぎました。兼六園を見たり、おいしいものを食べたい。長野は通過点になるという懸念もあるようだがそんなことはありません。信州も善光寺に人を迎え、スキー、登山を楽しむ魅力ある地域として自信を持ちたい」と話していました。また、20代の会社員女性2人は「富山のおいしい魚が食べたい。長野も頑張っているけれど、金沢や富山の魅力も大きいです」と、期待していました。

「かがやき」など4つのタイプ

 北陸新幹線は、東海道新幹線と並び首都圏と関西圏を結ぶ延長約700キロの計画で、長野冬季五輪の前年の平成9(1997)年10月に東京~長野間が開業。その後長野県内の飯山、新潟県内の上越妙高、糸魚川、富山県内の黒部宇奈月温泉、富山、新高岡の各駅を経て石川県の金沢に至る建設を進めていました。

 速達タイプの列車「かがやき」は東京~金沢間10往復、停車タイプの「はくたか」は同14往復と長野~金沢間に1往復、東京~長野間の「あさま」は16往復、富山~金沢間のシャトルタイプ「つるぎ」は18往復します。金沢延伸の基点となった長野駅にはこれまでの27本を大幅に上回る41本が停車します。

1/2ページ

最終更新:2016/1/30(土) 4:52
THE PAGE