ここから本文です

40年原発の廃炉が次々に決定、日本の原発の運転年数はどうなっている?

2015/3/17(火) 12:56配信

THE PAGE

 関西電力の美浜原発1、2号機と敦賀原発1号機をはじめ、40年運転をめどに廃炉が次々と決まっています。国内の原発の運転年数はどうなっているのでしょうか? 表にまとめました。

 今回、廃炉が決まった原発は、いずれも運転開始から40年を超えています。次に運転年数の長いのが、関西電力の高浜1号機と中国電力の島根1号機で、それぞれ40年。関西電力高浜2号機と九州電力の玄海1号機がそれぞれ来年に40年運転を迎えます。

 廃炉に関しては、東京電力の福島第一原発(福島県)、日本原電の東海原発(茨城県)、中部電力浜岡原発1、2号機(静岡県)について、プロセスが進んでいます。

最終更新:2016/2/25(木) 3:55
THE PAGE