ここから本文です

桂米朝さん死去 ── 米団治「上方落語の世界を大きくしてくださった」。ざこば号泣

2015/3/20(金) 12:36配信

THE PAGE

米朝さんの最後の時などについて語る桂米団治ら THEPAGE大阪

 19日夜に肺炎のため89歳で亡くなった人間国宝の落語家、桂米朝さんの長男で落語家の桂米団治(56)が20日、大阪市北区中之島のリーガロイヤルホテルで、兄弟子の桂ざこば(67)や米朝事務所の田中秀武会長とともに記者会見を開いた。米団治は「上方落語の世界を大きくしてくださった桂米朝師匠、息子としては感謝の気持ちでいっぱいです」とあいさつ。ざこばは「こない上手になくなるというのは、そんなきれいなもんかなと思いました」と言いながら号泣した。

【別の動画2本】会見で桂米団治、桂ざこば、米朝事務所・田中会長が桂米朝さんへの想いを述べた

米団治「息子としては感謝の気持ちでいっぱい」

 米団治らの会見によると、米朝さんは2009年ごろから何度か脳梗塞を患っていたが、しばらくすると回復するなどしていたという。だが、昨夏に妻を亡くしてからは「葬儀の前と後ではだいぶ体調がかわっていた」と米団治が話す。

 続けて米団治は「昨日も昼までは普通にテレビをみていたそうですが、病院から血圧が低いと連絡があり、血圧が最高でも60と聞いて。その後、ざこば兄さんに電話して、直系の弟子も集まって、弟と直系の弟子の仕事のないものがほとんど集まって、全然苦しまずに眠るようにあちらへいかれました」と話し、その場には、ざこばや月亭可朝ら多くの弟子や家族の姿があったことも明かした。
 
 また「伊丹市の病院で、先生が手厚く治療を続けてくださいまして、肺炎の症状ですから、けっこう痰が詰まるんですよ。自分で呼吸をするという力がなくなってきて、はっきりいうたらご寿命です。きれいにあちらへ行かれる準備をされていますといわれました。眠るように亡くなりました。わたしは大往生やったと思います。これだけ上方落語の世界を大きくしてくださった桂米朝師匠、息子としては感謝の気持ちでいっぱいです」と気丈にふるまいながら、あいさつした。

ざこば「こない上手に亡くなるというのは」

 桂ざこばは「どない言うてええのかわからんのですが、実は1か月くらい前に危篤状態という電話をもらって、駆けつけて『もう無理やな』と思ってたんですが、ところが、また上手に血圧がもどってきまして、今日はもつやろとお医者さんに聞いて、いっぺん解散しました」と、1か月前にも、米朝さんが危篤状態の時があったことを明かした。

 「それからは今日に至るわけですけど、なるべく師匠に会いにいって『来ましたで~』っていうたら反応があるわけです。こないだの危篤はなんだったのか?というような感じで。けど、そのうちに、うなずきとか反応がなくなってきて、昨日、米団治から『血圧が下がってます』と連絡うけて、すぐに飛んでいきました。声かけたりしていたら、目もあいてはるし。また回復すると思ってたけど。泣くというよりも『おつかれさんでした』と。こない上手に亡くなるというのは、こんなきれいなもんかなて思いました」と言いながら、こらえきれずに号泣していた。

1/2ページ

最終更新:2015/3/20(金) 19:39
THE PAGE