ここから本文です

<社会インフラを行く!>山腹の巨大なスパイラル「七滝高架橋」

2015/3/26(木) 18:19配信

THE PAGE

 早咲きの河津桜で有名な静岡県河津町の山中に、鉄の橋梁がろくろを巻いている。半径40メートル、全長1064メートルの二重ループ橋「七滝高架橋(ななだるこうかきょう)」である。

 石川さゆりの「天城越え」で知られる難所・天城峠の近く。1978年の伊豆大島近海地震により、つづら折れの道路が寸断されたが、災害からの復旧策として災害からの復旧策として、建設されたのがこのループ橋なのである。1981年に完成し、同年の土木学会田中賞を受賞した。

 橋の高さは45メートル。つづら折れの道路に変わって姿を現したループは、山地の限られた用地のなかで、高低差を解消するための技術として合理的である。もっとも、R=40を高速で通行することは危険を伴うから、通行速度は時速30キロに制限されている。

 構造物の下から見上げてみると、6本の橋脚に支えられた美しい円である。きれいなループであるので、二重であることに気づかないほどである。空から見れば、安全ピンのバネのようにも見えるとか、遊園地のようにも見えるという者もいる。2重ループ橋の構造美の成せる技ではないか。

 自動車でゆっくりとループを下っても、遠心力を感じるであろう。この構造物の特徴を体で感じとってみたいみたいものである。

(監修:吉川弘道・東京都市大学教授(http://www.doboku-watching.com))

最終更新:2015/9/13(日) 4:18
THE PAGE