ここから本文です

大阪府の現代美術作品を集めた「眼と心とかたち」展

2015/3/27(金) 10:35配信

THE PAGE

 大阪府が収集した現代美術作品を展示する「眼と心とかたち―『学芸員N』が出会った大阪府20世紀美術コレクション」が、大阪市西区の府立江之子島文化芸術創造センターで開催されている。感想を無理やり言葉にしなくてもいい。作品の前で、めい想するのもいい。難解に感じる現代美術を、たまにはマイペースで楽しみたい。

パリジェンヌが絶賛した「現代のジャパネスク」

 1974年から2007年にかけて府が収集した「大阪府20世紀美術コレクション」は、関西ゆかりの作家の作品や、大阪トリエンナーレの受賞作品を中心に、総数約7800点におよぶ。「眼と心とかたち」展では、代表的作品54点を展示。関西戦後作家と大阪トリエンナーレ・コレクションをメーンに、現代美術作家森口宏一の立体的作品群と、写真家岩宮武二、リチャード・ミズラックの写真作品群を集めたふたつの特集展示による三部構成だ。

 現代美術と聞くだけで、「難解」「苦手」と敬遠しがちな読者もいるのではないだろうか。しかし、意外と身近なところで現代美術にふれているケースが少なくない。会場で「あれ?   どこかで見たような」と既視感を感じる作品と遭遇した。

 ひとつは写真週刊誌「FOCUS」の表紙を毎号飾っていた三尾公三の作品だ。エアブラシ画法で浮かび上がる幻想的な女性像が、写真ジャーナリズムの地平を切り開く「FOCUS」とマッチしていたのを思い出す。

 もうひとつは司馬遼太郎が「週刊朝日」で長期連載していた「街道をゆく」の挿絵原画「東大寺落慶供養」で、作家は須田剋太。モノクロ掲載ながら、須田は原画を鮮やかな色彩でダイナミックに描いていた。「FOCUS」に「週刊朝日」。幅広い読者を持つ代表的商業雑誌で、現代美術作家たちが活躍していたわけだ。ほどよく肩の力が抜けたところで、展覧会を企画した中塚宏行・府都市魅力創造局文化課主任研究員の助言を受けながら、やや骨のある作品にチャレンジしてみよう。

 まずは松谷武判(まつたに・たけさだ)の作品「軌道-1-B」(1990年)。吉原治良が創設した具体美術協会の第2世代の作家で、フランスに渡って新境地を開拓した。白と黒が基調の見上げるほど大きなオブジェ的作品だ。「日本文化を好むフランス人に対し、伝統的なジャパネスクとは違うかたちで日本的なものを伝えようとした際、こうした表現になったのではないか。和紙や鉛筆を使い、墨絵の世界に通じるものがある」(中塚主任研究員)

 鉛筆を丹念に塗り込んだ黒は独特の光沢を放つ。

1/2ページ

最終更新:2015/3/27(金) 10:35
THE PAGE