ここから本文です

東京五輪2020年に向けて、日本国内の“ハラルビジネス”は加速するか

2015/3/29(日) 7:00配信

THE PAGE

 3月23日、マレーシア、インドネシア、タイ、オマーンなど7か国に59店舗を展開するシーフードレストラン「ザ・マンハッタンカフェ・フィッシュマーケット」が東京・池袋にオープンしました。このレストランは、一見するとアメリカンスタイルのリーズナブルな料理を提供するカジュアルな雰囲気のお店でありながら、その大きな特徴はイスラム教徒の生活規律に準じた“ハラル”のレストランチェーンとしてアジア最大級であるということ。23日に開催されたオープン記念式典には駐日マレーシア大使が参列したほか、国内ハラル認証機関によるハラル認証式が行われました。

 “ハラル”という言葉はまだ日本国内で馴染みのある言葉とは言えませんが、実はこの“ハラル”がアジアを中心とした外国人観光客の誘致を進める日本にとって、重要なキーワードであることをご存知でしょうか。今回は、“ハラル”とは何か、そして“ハラル”が日本の観光産業どのようなインパクトがあるのかについて解説します。

ハラルとは、イスラム教徒の生活規律に準じた“安心の証”

 まず、“ハラル”とは何か、基礎知識を整理しましょう。社団法人ハラル・ジャパン協会によると、ハラル(HALAL)とはイスラム教徒の教えで許された「健全な商品や活動」を意味します。イスラム教では、人々の生活に関するルールが聖典「コーラン」や預言者ムハンマドの言行録「ハーディス」に決められており、イスラムを信仰する人々はこれらのルールに基づいて「これは健全です(=ハラル)」と認められていない商品やサービスは避けなければならないのです。有名なところでは、イスラム教徒の人は豚肉が食べられないという話を聞いたことがあるかもしれませんが、これはイスラムの教えが豚肉をハラルだと認めていないため。イスラム教徒の人々はこうした古くから伝わる生活のガイドラインを守り続けているのです。ちなみに、ハラルは食品に関する決まりというイメージが強いですが、その領域は化粧品や医薬品、金融など多岐に渡ります。

 ザ・マンハッタンカフェ・フィッシュマーケットでも、メニューに豚肉は一切使われておらず魚介類や鶏肉が中心。そして店内は禁酒・禁煙です。ただ、日本法人のCEOに就任したオマーアリ・ハイダー・アリさんは、「理解してほしいのは食材の制限や禁酒・禁煙ではない」と語ります。アリさんは、ハラルは“ヘルシーでフレッシュな料理をお酒やタバコのない快適な環境で楽しむ文化”だと語り、日本風にアレンジしたアメリカンスタイルのメニューと明るい雰囲気の店内を日本人にも楽しんでほしいとしています。私たちにとってイスラム教の人々のライフスタイルはなかなか想像できませんが、店内の雰囲気やメニューを体験してみると、実はイスラム教の人々も日本人と同じようにカジュアルで明るい雰囲気で食事を楽しんでいると実感できます。ハラルはイスラム教の人々にとってなくてはならないガイドラインであることは間違いありませんが、一方で私たちが想像するような堅苦しいものでもないようです。

1/2ページ

最終更新:2016/2/17(水) 4:05
THE PAGE