ここから本文です

V2を逃した羽生が見せた隠れた進化

2015/3/29(日) 6:00配信

THE PAGE

 フィギュアスケートの世界選手権の男女フリーが28日、中国の上海で行われ、ソチ冬季五輪金メダリストの羽生結弦(20歳、ANA)は、2つの4回転ジャンプに失敗、フリーの得点が伸びずに、SP2位だったハビエル・フェルナンデス(スペイン)に逆転されて2位に終わった。体調不良と怪我からくる調整不足が響いたようだが、フィギュアの専門家は、羽生に隠れた進化があることを指摘した。

 フィニッシュを決めると、羽生は残念そうに首をひねった。

「ダメだ」。そう口が動いた。ショートを1位で折り返して、2位のフェルナンデスに2.46点差をつけてのフリー。冒頭に組み込んだ4回転サルコウは、飛べずにダブルトゥループとなってしまい、続く4回転トウループでは、着氷に失敗して転倒した。それでも表情を変えず、そこから立て直してプログラムに組まれたジャンプをすべてノーミスでクリアして場内を沸かせたが、羽生に続いて演技をしたフェルナンデスが、4回転を2つ成功させ、わずか2.82点差で逆転を許した。日本人として史上初となるはずだった世界選手権のV2には手が届かなかった。2013-2014年シーズンにGPファイナル、ソチ五輪、世界選手権とフィギュアの3大タイトルを制覇、2014-2015年も、GPファイナルを制していたが、3大タイトルの連覇も「4」で止まった。同じくオーサーコーチが教えている“友人”の勝利を自分のことのように祝福した羽生だったが、インタビューアーを前にすると悔しさを隠さなかった。

「正直いって悔しいです。4回転を決めることができなかったのが悔しいです。足がフワフワして体をしっかりとコントロールすることができませんでした」

 V3を果たした昨年12月の全日本選手権の後に、体調不良を訴え「尿膜管遺残症」との診断で緊急手術を行った。ようやく1月末に練習を再開したが、今度は、右足首を捻挫。結局、世界選手権に向けての準備がスタートしたのは3月初旬から。元全日本2位で現在、インストラクターとして後身の指導をしている中庭健介氏は「今回のジャンプの失敗は、明らかに練習不足が影響していたと思う」と指摘した。

「4回転サルコウは、元々公式戦での成功率は高くなかったが、今回はジャンプへの入り際、浮き際がまずかった。手を締めて回転の体勢に入るのが遅かった。4回転トゥループは、浮いた後に重心が背中、踵に移ってしまったのが原因でしょう。ただショート、フリーを通じて、大きな進化、変化が見えたと思います」

 中庭氏はV2を逃した演技の中に隠れた進化があったと言うのだ。

1/2ページ

最終更新:2016/2/3(水) 4:52
THE PAGE