ここから本文です

<速報>広島の黒田が7回無失点で2740日ぶりの凱旋勝利

2015/3/29(日) 16:49配信

THE PAGE

 ヤンキースから広島に復帰した黒田博樹(40)が29日、マツダスタジアムで行われたヤクルト3回戦に8年ぶりに先発。強力なツバメ打線を相手に7回を投げ、5安打5奪三振、無失点に抑える素晴らしいピッチング内容で、今季初勝利を奪った。広島での最終登板となった2007年9月27日のヤクルト戦以来、2740日ぶりとなる凱旋勝利となった。

 超満員のカープファンで真っ赤に染まったスタンドをバックに黒田は140キロ台中盤を平均してマークするツーシームを武器にヤクルト打線に内野ゴロの山を築かせた。

 ヤクルト打線は「甘く浮いてくるツーシームを見逃さない」という積極的な戦略をとってきた。二回には、先頭の畠山に制球ミスのツーシームを捉えられてセンターオーバーの二塁打。無死二塁のピンチを背負ったが、落ち着いてユウイチ、大引、中村の3人をすべて内野ゴロに打ち取って無失点で切り抜けた。

 黒田は4回を除く、毎回ランナーを背負いながらも粘り強いピッチングで要所を締めてホームを許さない。黒田の真骨頂だ。5回も一死から中村に三遊間ヒットを打たれたが、続くピッチャー、杉浦のバントを自らが素早く処理して、1-6-4(二塁が一塁カバー)と渡る併殺に封じた。
 
 一方、開幕から湿りがちな広島打線は、黒田の援護に苦しんだ。1番でプロ初スタメン起用されたドラフト1位のルーキー、野間が1回、3回と無死からチャンスメイクをしたが、あと1本が出ない。4回には先頭の梵がライト前。會澤、田中がチャンスを生かすことができず二死一塁に代わったが、なんと、ここで打者・黒田がライト線に二塁打。二死二、三塁としたが、ここでは野間が二ゴロに倒れた。だが、5回に待望の先取点。二死から連続四球で2年目の杉浦を追い込み、選手会長の梵が外の変化球に食らい突いて、ライト線ギリギリに先制のタイムリーを落とした。

 リードをもらった黒田は、6回も山田をアウトコース一杯のカットボールで見逃しの三振。川端をツーシームで一ゴロ。ミレッジはストレートの四球で歩かせたが、雄平をツーシームで中飛に打ち取り、1番から始まった好打順に対しても得点を与えない。この回の終了時点で球数は、83球。

 黒田は、ベンチで畝投手コーチと話をしたが、そのまま打席に立ち、7回のマウンドに向かい、二死一塁から、中村を外一杯のツーシームで見逃しの三振に抑えると、勝利投手の権利を得たまま、96球でマウンドを降りた。ベンチでは、緒方監督が黒田の元に歩みより好投を讃えるシーンも見られた。

 なんとしても黒田に凱旋初白星をプレゼントしたい広島は7回一死一塁からグスマンのレフトオーバーのタイムリーで貴重な追加点。黒田のバトンを8回から受け継いだ一岡は、1点を失ったが、9回、新守護神のヒースが一死一、三塁の大ピンチを作ってしまったが、大引のセーフティースクイズを自らの好守備で防いで1点を守りきり黒田の勝利をサポートした。

最終更新:2016/2/8(月) 4:07
THE PAGE

スポーツナビ 野球情報