ここから本文です

愛知・ジェイアール名古屋タカシマヤに「デリシャスコート」

2015/4/1(水) 14:31配信

THE PAGE

 愛知県名古屋市中村区名駅のジェイアール名古屋タカシマヤは1日、新たな商業エリア「デリシャスコート」をオープンした。東海エリアでは同施設でしか買えない商品もそろうなど、地元だけでなく観光客からの需要が期待される。

関東以外で初進出「ギャレットポップコーンショップス」

 「デリシャスコート」は名古屋タカシマヤ1階北ブロックに位置し、「人気のグルメブランド」を集積したゾーンとして一部のブランドがオープンした。

 今回の大きな目玉となるのは、米・シカゴ創業のポップコーンブランドで、関東地区以外で初進出となる「ギャレットポップコーンショップス」。昨今のブームを受け名古屋エリアでも多くのポップコーン専門店が続々とオープンしているが、ギャレットポップコーンショップス広報担当者は他店との違いを「65年以上アメリカで支持を受け続けてきた、伝統と歴史が強み」と説明する。

 店内では手作りした7種類のポップコーンがそろい、ブランドオリジナルの缶やバッグに詰めて販売。広報担当者によると、キャラメルクリスプ(TM)とチーズコーンをミックスした「シカゴ ミックス(R)」が一番人気のフレーバーだという。名古屋店では調理工程の一部を見ることもできる。

 タカシマヤ広報担当者は「午前10時の時点で160人のお客様がご来店され、待ち時間は5時間となりました。しばらくの間は午前中から混雑するかと思います」と話していた。

クラブハリエには名古屋限定商品

 バームクーヘンで絶大な知名度を誇る、「クラブハリエ」はデリシャスコートのオープンに合わせてリニューアル。扱う菓子の種類が50種類以上と従来よりも増え、来店者の幅広いニーズに応える店舗としてパワーアップした。

 リニューアルオープンと同時に、同店限定の「ブラウニーサンド」が新たに登場。マカダミアナッツをふんだんに使った甘さ控えめのブラウニーとガナッシュを、クッキーでサンドした上品な菓子だ。また、今まで取り扱っていなかった、クラブハリエで人気の「リーフパイ」も本日より店頭に並ぶ。

 前述の2ブランドのほか、ハッピーターンズ、ヴィア クロフネ、クリスピー・クリーム・ドーナツの計5店舗が本日オープン。タカシマヤの広報担当は「名古屋駅に直結するロケーションで、話題の人気ブランドを集めました。地元の方、観光の方問わず、多くのお客様にご利用頂ければ」と呼び掛ける。

 デリシャスコートはその後29日に“美しすぎるクロワッサン”とネットなどで話題の「ゴントラン シェリエ」のオープンを予定。名駅エリアの旬スポットとして、さらなる注目を集めそうだ。
(編集プロダクション エディマート)


地図URL:http://map.yahoo.co.jp/maps?lat=35.1708129&lon=136.8828224&z=18

最終更新:2015/4/1(水) 14:31
THE PAGE