ここから本文です

オリックス、森脇監督の迷走采配?で借金「9」

2015/4/11(土) 8:03配信

THE PAGE

 冷たい雨がふりしきる仙台の杜でオリックスが今季3度目の3連敗を喫した。

 先発のディクソンが崩れ3点を追う重たいゲームではあったが、追撃機会は何度かあった。8回も一死満塁。だが、4番の中島が三振に倒れると、楽天ベンチは、回跨ぎで新ストッパー松井裕を送り込んできた。T-岡田に代え、竹原で勝負に出たが、大久保監督から「三振をとってこい!」と送られてきた松井の変化球に竹原のバットは空を切った。

 森脇監督の采配もぶれた。2度あった、せっかくの逆転機を森脇監督の迷走采配で逃した。

 4回である。糸井が四球を選び、平野の打球を前進してきたショートの後藤がグラブで弾き、4年ぶりに古巣復帰したカラバイヨのタイムリーで2点を奪い1点差に詰め寄った。さらに中島が死球。完全に先発のレイは浮き足だっていた。ミスが絡んでの押せ押せムードだ。無死一、二塁とチャンスが広がり、不振で2試合スタメンから外れていた5番のT-岡田。ボールカウント1-0から、ボール球となる落ちる球に手を出してバットが空を切った一振りを認めると、ベンチは送りバントのサイン。だが、T-岡田は、それをファウルにしてしまった。おそらく森脇監督は、空振りを見てタイミングがあっていないと判断して作戦を変えたのだろう。そのサインは、ただでさえ打率1割台と不振の5番打者を迷わせ、消極的な“つなぎ”の気持ちを植えつけてしまった。結局、落ちるボールに手を出して三振。

 同じようなベンチの采配の迷いは、7回にも。追加点を奪われ2点差と広がっていたが、先頭の坂口がレフト前ヒットで出塁すると、楽天ベンチはレイをあきらめ、福山にスイッチ。すると森脇監督は、続く小谷野の初球にまたバントのサインを出したのだ。それが失敗に終わると、強打に切り替えたが、福山のスライダーに引っかかり4-6-3の最悪のダブルプレーで終わった。2点差。終盤の7回で、しかも打線は下位に移る。そこでバントのサインを小谷野は予期していただろうか?
 ベンチと選手の考えにズレがあったのは、間違いない。ここも森脇監督の采配の迷いが、小谷野の積極性に水を差すことになった。ゲームの流れを見誤ったと言われても仕方がないだろう。

1/2ページ

最終更新:2016/2/13(土) 4:33
THE PAGE

スポーツナビ 野球情報