ここから本文です

5年ぶり開催の「日韓安保対話」とは 再開の理由は?

2015/4/13(月) 7:00配信

THE PAGE

 「日韓安全保障対話」が14日にソウルで行われます。朴槿恵(パク・クネ)大統領の就任後、正式な日韓首脳会談が行われない中、2009年12月以来、5年ぶりの開催となります。安保対話とはどういうもので、なぜ5年ぶりに再開されることになったのでしょうか。

【図表】韓国の朴槿恵大統領が反日的な4つの理由とは?

防衛当局者間の対話は継続中

 来たる14日、5年ぶりに日本と韓国の安全保障対話が行なわれることになりました。これには両国の外務省と防衛省の担当局長などが参加します。

 これとは別に、わが防衛省と韓国国防部の間の対話・交流があります。実は、日韓安保対話が開催されなかった5年間においても両国防衛省間の対話・交流は継続されており、例えば、防衛次官級の会談は2014年3月、その前は13年11月とほぼ毎年行なわれていました。また、両国の防衛省は海上の安全維持(海難救助、捜索)、テロ対策、海賊対策、平和維持活動(PKO)などについて共通の関心を有しており、日韓両国と同盟関係にある米国を含め3か国で共同訓練や演習を毎年行なっています。

 一方、外交当局者と防衛当局者がともに参加する安全保障対話においては、より広い観点から、北朝鮮問題のような安全保障と密接に関連している外交・国際政治を含めて話し合いが行われます。 東アジアの平和と安定に大きな責任を有する日韓両国はこのような対話を通して情勢を正しく分析・把握し、適切に対応していくことが必要です。両国間の関係が悪いからといってこのような努力を怠ると、お互いの理解、信頼関係が損なわれていく恐れがあります。

国交正常化50年を迎える今年

 日韓両国間の安保対話は1998年に始められて以来、毎年開催されてきましたが、慰安婦問題などをめぐる両国関係悪化の影響を受け、2009年12月を最後に開かれなくなりました。

 しかし、その間に中国、ロシア、北朝鮮などで、中国の軍事力の大幅増強、ロシアではメドベージェフ首相による国後島訪問、北朝鮮で金正恩第1書記の登場などの大きな変化が生じ、国際情勢は複雑化しており、日韓両国が緊密に連携し、協力して対処していかなければならないことが増大しています。

 また、日韓両国は米国との同盟関係を維持するために情報の保護を強化する必要があり、そのための協定を2012年6月に締結する予定でしたが、直前になって韓国側から要請があり、延期されました。韓国国内で反対意見が強くなったためだと思われます。このような状況は一刻も早く是正する必要があります。

 折しも今年は日韓国交正常化50周年であり、両国間の関係を将来に向かってさらに発展させていくための基礎を固めるのに節目となる重要な年です。これらの諸事情を背景に、去る3月に開かれた日韓外相会談で、安保対話の再開に向けて調整することが合意され、ソウルで外務・防衛両省の局長級対話が再開されることになったのです。また、その後には、日韓両国の防衛相会談が予定されていると報道されています。両国の指導者が、国内の消極的意見が強い中で冷静に、かつ積極的に行動した結果であり、非常に意義深いことと思われます。

1/2ページ

最終更新:2015/12/21(月) 4:30
THE PAGE