ここから本文です

<速報>マー君、修正能力を発揮できず5回4失点の苦しい初勝利!

2015/4/13(月) 12:32配信

THE PAGE

 ヤンキースの田中将大投手(26)が13日(現地時間12日)、ヤンキースタジアムで行われた対レッドソックス戦に今季2度目の先発、大量10点の援護をバックに5回を投げて本塁打を含む4安打4失点の苦しい内容ながらも今季初勝利を飾った。

 気温10度。春冷えする本拠地のナイトゲーム。
 マー君は、ツーシームを軸にしていた開幕戦での新しいピッチングスタイルから比べると若干ストレートの割合を増やしていたが、立ち上がりからボールが浮いていた。初回に一死満塁からA・ロッドの走者一掃の二塁打などで7点の大量援護をもらいながらも、4回には、伝家の宝刀、スプリットのコントロールが定まらない。
 先頭のオルティズをストライク2-0から、結局歩かせて、ドジャースから移籍してきた新4番、ラミレスを迎えた場面で、スプリットが2球、暴投となって、オルティズが三進。ラミレスのセンター犠飛であっさり1点を失うと、さらにサンドバルに中前打を許して、続くナポリを四球。ビクトリーノは、セカンド正面への併殺ゴロに打ち取ったかに思えたが、ドリューのセカンドカバーに入ったグレゴリアスへの送球がそれて、オールセーフとなり一死満塁。大量リードの展開での「走者を貯めるな」の鉄則を守れない。
 ボカーツには、インサイドへのツーシームをレフト線に運ばれ、さらに2点を失った。この回だけで38球を要して3失点。5回にはラミレスを追い込みながらカットボールを捉えられ、バックスクリーンに飛び込む特大のソロホーマー。6回のマウンドに上がることができず5回、97球で降板した。

 ヤンキース打線は、その後も追加点を重ね「14-4」のスコアで、田中に今季初勝利が転がり込んだ。ただ田中は、また課題を残した。前回の登板後にも「メカニック(投球フォーム)に問題がある」という反省を口にしていたが、この日も、リリース後、体が一塁側へ流れるなどフォームバランスに問題があった。9日のブルペンでは、マウンドの一塁側に人を立たせてフォーム矯正に臨んでいたが、その成果をマウンドで出すことはできなかった。

 本来、コントロールを含めた修正能力の非常に高いマー君だけに、最後までスプリットの修正ができなかったことも気になった。フォームにも力感がなかった。本人は「徐々に上げていく」と語っていたが、右肘への不安も含めて、まだ肉体のコンディションが万全ではないことが影響しているのだろうか。

最終更新:2015/5/14(木) 2:38
THE PAGE

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/24(木) 19:50