ここから本文です

7連敗に中畑監督が自己批判「指導力不足を感じる」

2015/4/21(火) 23:43配信

THE PAGE

 横浜DeNAは21日、ホームで行われた阪神戦で、一度は後藤の代打本塁打で同点に追いつきながら、ルーキーストッパー山崎の、ゴメスへのたった1球の失投に泣き、3-5で7連敗。ミスで敗れた自滅ゲームに、試合後の中畑監督は、厳しく自己批判を行った。
 

 すべてが甘かった。

 ミス、ミス、ミス。
 横浜DeNAの7連敗目は完全な自滅だった。

 まず初回。制球に苦しむ久保が一死一、二塁からゴメスに三遊間を破られた。筒香のバックホームのタイミングはアウトだったが、黒羽根のブロックが甘い。西岡のスライディングは、黒羽根の空いた股の間をスリ抜けてホームベースへ。ブロッキングが堅固なら無得点の場面だ。

 2つ目は、4回二死一、三塁のピンチ。西岡をボテボテの投手ゴロに打ち取ったが、走者と重なったこともあって、久保の一塁への送球が高く浮いた。ロペスは、捕球したかに見えたが、直後にミットからポロッ。ロペスに失策がつく痛恨の落球で3点目を献上した。これも集中力が甘くなければ防御できた点だ。そして甘さの極めつけは9回だった。

 パーフェクトに抑えられていた岩田を攻略。8回には代打・後藤が起死回生の同点アーチを左中間の最前列に運び、中畑監督が「重々しいスタートから、なんとか踏みとどまって『いけるかな?』という雰囲気は出たんだけど」と、体を前に乗り出した瞬間にゲームは暗転した。9回のマウンドへ送られた新ストッパーの山崎がミスを犯した。

 9回一死一、二塁から3番の鳥谷をインサイドのストレートで三振にとって二死までこぎつけたが、4番のゴメスを、ノーボールツーストライク、と追い込みながら……。外すはずのストレートが中途半端に。外角高めのそのストレートをゴメスが見逃さず、打球はセンターオーバー。痛恨の勝ち越しの2点を許した。

 あとボールは3つ使えたのだ。リスクマネジメントすれば、もっと大胆にバットが届かないボール球を使えばよかったのだ。配球ミスと制球ミスが重なった。

「詰めの1球が甘い。あの1球だな。若さが出るのがつらい。同じミスを2つ続けてやってしまった。ミーティングをして反省をしたはずなのに、同じミスをするということは、そういうレベルのチームだということ。1球の重さ、1球の怖さ。ミスでは済まされない。悔いはあります」
 中畑監督も嘆き節。
 

1/2ページ

最終更新:2015/5/23(土) 2:36
THE PAGE

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/23(土) 9:50