ここから本文です

喝采なき勝利 史上初のMLB無観客試合

2015/4/30(木) 8:30配信

THE PAGE

“大リーグ史上初”の無観客試合が、粛々とおこなわれた。

現地時間29日。オリオールズ対ホワイトソックス。市民の暴徒化で街に厳戒態勢が敷かれ、通りから人の姿が消えた米国メリーランド州ボルチモア。オリオールズの本拠地カムデンヤードのスタンドは、内野スタンドに数人の先乗りスコアラーの姿が確認できる以外は空っぽだった。2時5分から始まったホワイトソックスとの試合は、歓声もブーイングもない無人の試合。売店は閉まり、ピーナツ売りの呼び声もない。異常な雰囲気の中で淡々と行われた試合は、2時間3分の早さでオリオールズが8-2。ファンの歓声なき試合終了となった。

 12日に警察に逮捕された一般黒人男性が19日に死亡。警官の対応に対する市民の抗議活動が激化して暴徒と化した。米政府が非常事態を宣言したのを受けて、大リーグ機構は27日と28日に当地で予定されていたオリオールズ対ホワイトソックス戦を来月に延期。この日の試合をデーゲームに変更した上で、観客を入れずに行うことを決めたのだった。

 チームの主力で、黒人選手のアダム・ジョーンズ外野手は試合前に行われた記者会見に姿をみせ、「我々は今日プレーするけれど、まず、街が癒されなければならない。大事なことは街が回復すること。どんな人種にとっても辛いことだ。人々は傷ついている。これは、現在進行中の社会問題なんだ」と語った。また、幼少期をサンディエゴで過ごした自らの経験を踏まえ、「僕だって、(暴動を起こしている)若者たちとそう違いはない。彼らが今、経験していることは、理解しているし、その欲求不満はよく分かる。しかし、私は若者たちに言いたい。この行為は受け入れられるものではないと。自分たちが住んでいるコミュニティーを破壊する行為は決して許されない」と暴動、略奪、破壊を続けている若者層へ、メッセージを送った。

 米メディアによると大リーグの公式歴史家で殿堂入りしているジョン・ソーン氏は「大リーグの歴史でも前例がない」と“1900年以降の近代メジャー史上初”を主張しているという。

1/2ページ

最終更新:2016/1/2(土) 3:43
THE PAGE