ここから本文です

<ボクシング>BOX界の革新児・石田、ヘビー級王座に敗れ引退決意

2015/5/1(金) 1:16配信

THE PAGE

ボクシングの日本ヘビー級タイトルマッチが30日、後楽園で、王者の藤本京太郎(28歳、角海老宝石)と、同級1位の石田順裕(39歳、グリーンツダ)の間で争われ、2-1の僅差判定で京太郎が3度目の防衛に成功した。論議が分かれる微妙な判定だったが、39歳の石田は、「自分でこの後のことは決めている」と、この試合を最後に引退することを表明した。プロ生活15年間で40戦27勝(11KO)11敗2分の成績だった。

 ヘビー級の戦いの最後は体格差が優越を決める。本来、ミドル級が主戦である石田は、ヘビー級転向に1年以上時間をかけたが、やはり20キロ以上の増量には無理があった。石田は序盤から距離をとって京太郎より遥かに勝るスピードを活かした左から右のコンビネーションで王者をコントロールしたが、5ラウンドの終了時点での公開採点では、一人がドローで、2人はわずか1ポイントだけ石田を支持。それを聞いて石田は、「たった1ポイント差なら前に出て打ち合うしかない」と、戦術を変更したが、増量の影響もあってスタミナが持たない。至近距離からの京太郎の重さのあるボディとショートフックを浴び、それらが次々とポイントへ反映された。

「クリンチにくるのはわかっていた。そこを井上尚弥のようなバックステップでいなしてパンチを打ち込みたかったが、体が動かなかった」
 39歳。もう限界だった。

 両陣営の応援団が後楽園を割れんばかりに白熱させた最終ラウンドは、苦しい京太郎がほとんどクリンチに逃げるという醜い展開。勝敗は判定にもつれこみ、ジャッジの一人が「96-95」で石田につけたが、残りの2人が「96-94」「96-95」で京太郎を支持して悲願のヘビー級タイトル奪取は叶わなかった。

「悔しい。体重差はハンディとも思わなかった。悔しいね。勝っていたと思っただけに」
 石田は、試合後、15年にわたるボクサー人生に終始符を打つことを明らかにした。

1/2ページ

最終更新:2016/1/31(日) 4:48
THE PAGE