ここから本文です

車は真っ直ぐ走らない? ハンドリングの良い悪いとは

2015/5/4(月) 19:45配信

THE PAGE

 クルマの話をしていると、ハンドリングが良いとか悪いとかいう話が頻繁に出る。一体ハンドリングとはなんなのだろうか?

 ハンドリングの話は大変幅広い。ぱっと思うイメージはサーキットのような場所での高G旋回なのかもしれないが、そういう領域の話をする以前に極めて基礎的なハンドリングの話があるのだ。

 何よりもまず、真っ直ぐ走れることだ。「何を当たり前のことを……」と言わないで欲しい。変に聞こえるかもしれないが、実は直進はコーナーリングなのだ。

直進は高精度なコーナーリングの連続

 直進性の良いクルマを「矢のように真っ直ぐ走る」というが、本当のところクルマの自律的直進安定性はあんまり当てにならない。何故ならば現実の道路では路面のうねりや轍(わだち)、横風などの外乱で常にクルマの進路は乱されるからだ。真っ直ぐと言いながら実はドライバーはクルマの針路を常に補正しながら走っている。直進状態は実は小さく高精度なコーナーリングの連続で、ハンドル操作をしないとクルマは真っ直ぐに走らないのだ。

 直進をするための修正は「早期発見・早期治療」が原則だから、できるだけ早くクルマの進路の乱れを感知して、できるだけ小さい修正舵で針路補正を行いたいわけだ。この感知が遅くて修正が大きくなると、クルマがふらふらとスラロームするような動きになってしまう。

 運転の下手なドライバーのクルマに同乗していると、ずっと横方向の加速度が発生している。新幹線で左右に揺すられるあの横方向加速度は0.1G以下。というか設計上の許容値が0.1Gだという話を聞いたことがある。あれはクルマの運転で言ったら相当大きな横方向加速度で、かなり下手くそな運転レベルだ。

 では上手に運転すれば横方向加速度をゼロにできるかと言えば、針路修正は予測修正ではなく、起きた現象に対する早期対応なので、絶対にゼロにはならない。ただし、前述のように対応が早ければ修正が小さく済むから加速度が小さく、その結果、不快感が生まれにくい。

 ここまで読むと、直進性は全てドライバーの責任だと言っているように聞こえるかもしれないが、そうではない。例えば、ハンドルをわずかに切った時にタイヤの向きが意図以上に変わる変なギヤ比になっていれば、微小舵角の操作がとてもやりにくい。フリクションが強ければ引っ掛かりができて操作しにくいし、パワステのアシストの立ち上がりが急過ぎればそこでフィールが急変して操作しにくい。それ以外にもクルマによって様々なクセがある。まずは車両自体の外乱への敏感度から考えてみよう。

1/4ページ

最終更新:2016/2/7(日) 3:15
THE PAGE