ここから本文です

吉田山田「名古屋に帰ってきた」全国ツアーファイナル

2015/5/12(火) 19:56配信

THE PAGE

 吉田山田の全国ツアー「吉田山田ツアー2015」の最終公演が、10日に愛知・日本特殊陶業市民会館フォレストホールにて行われた。全国7公演で実施された今ツアーでは、仙台、札幌、東京、大阪と各地でチケットがソールドアウト。ファイナルとなる名古屋公演は、開演前から会場内は期待と興奮に包まれていた。

【動画】吉田山田・名古屋のオアシス21でミニライブ ── 独占インタビュー映像も

第2のホーム、名古屋に帰ってきました

 ステージは新曲「キミに会いたいな」からスタート。紗幕の後ろに吉田山田二人の姿が浮かび上がり、雨が降り注ぐ映像と歌詞がスクリーンに投影される演出の中、観客は真剣に耳を傾けた。2曲目の「夏のペダル」で紗幕が落とされ、山田義孝の「ハロー!名古屋!」の掛け声で場内の興奮は一気に上昇。吉田結威も「行くぞー!」と観客を煽り、会場は一体感を増していく。

 山田は「吉田山田ツアー2015名古屋公演!みなさんようこそー!今日はファイナルです!あっという間に過ぎていきます!一瞬一瞬を楽しみながら、思い切り楽しんで帰ってください」とファンに挨拶。続いて「ごめん、やっぱ好きなんだ。」「旅立ちの合図」、そして新曲の「HOME」を披露し、吉田は「第2のホーム、名古屋に帰ってきました!」とファンを喜ばせた。名古屋は彼らがデビューした頃から4年半もラジオのレギュラー番組を務めていたこともあり、なじみ深い場所となっているようだ。

 MCでは、ライブ前にいつも二人でハグをして緊張を解いていることを明かし、吉田からは「ハグした時に“あ、山田、あと数分後に緊張しそうだな”と思ったんで、時間差で吉田のあたたかみを思い出してほしくて思い切り背中を叩きました」という二人ならではの仲良しエピソードも出てきて、ヒューヒューと歓声が上がるシーンも。

 吉田のトイピアノの演奏から始まる、かわいらしい新曲「好きだよ」は、これまでの楽曲とはひと味違い、観客の興味を誘った。さらに、たくさんの出会いを生んだ大切な曲として「日々」をしっとりと歌い上げる。
そこからは「ツボミ」で定番のコール&レスポンス。ステージ上を走り回り、会場を巻き込みながら「Yes」「天使と悪魔」「フリージア」とアップテンポなナンバーで駆け抜け、会場をヒートアップさせていく。最後はファンへの感謝の想いとともに「僕らのためのストーリー」を歌い、盛大な拍手が送られる中、二人はステージをあとにした。

 その後、会場ではアンコールを求め、手拍子とともに吉田山田の楽曲「約束のマーチ」を合唱。再びステージへ登場した二人は「逢いたくて」を披露し、さきほどのアンコールの合唱について「すごくきれいな歌声でした!ありがとう!」と顔をほころばせた。山田は「今日はこの歌声をどうか持って帰ってください。そしてみんなの歌声を僕にください!」と語りかけ、大合唱に包まれたラストナンバー「魔法のような」で幕を下ろした。

1/2ページ

最終更新:2015/5/12(火) 19:56
THE PAGE