ここから本文です

まもなくファン投票開始、オールスター出場経験者が多いチームはどこ?

2015/5/18(月) 11:00配信

THE PAGE

 プロ野球のオールスターファン投票が19日から開始され、約1か月間の投票期間を経て出場選手が発表される。そこでチームごとのオールスター出場経験者数を調査した。今回の原稿ではその結果から各チームの編成の特徴や、今のチーム状態を見ていくことにしたい。

 まずは表1。これは各チームの現在の所属選手で、オールスターに一度でも出場したことのある選手の数をグラフ化したものだ。青はすべてのオールスター出場経験者の数、オレンジは現所属チームの選手として出場した選手の数となっている。まずは1位~4位のチームを紹介する。(1~4位の出場者は表2-1、5~8位は表2-2、9~12位は表2-3を参照)

1位:ソフトバンク 22人(16人) ※括弧内は現所属チームでの出場者数

 最多の出場経験者を抱えていたのは、近年大型補強を続けているソフトバンクだった。最近FAなどで獲得した選手のうち10人がオールスター出場経験を持っており、生え抜きの経験者と合わせるとなんと支配下選手68人の32%にあたる22人もの選手がオールスターに出場していた。野手のレギュラークラスで未経験なのはいつ出場しても不思議ではない中村晃だけだ。

2位:巨人 20人(15人)

 次に多かったのは元祖巨大戦力・巨人だ。野手のレギュラー陣に加え、4人のローテーション投手(内海、杉内、菅野、大竹)を揃えている。ただ所属チームでの出場経験者数では4位に留まっていて、前のチームでオールスターに出場し、今のチームでも出場を果たしたのは7人中2人(杉内と村田)だけ。10人中4人のソフトバンクと比較すると少し見劣るだけに、片岡、大竹の奮起に期待したいところだ。

3位:オリックス 19人(12人)

 昨オフに大型補強を敢行したオリックスが3位。オフに4人(中島、ブランコ、バリントン、小谷野)のオールスター出場経験者を獲得、数字を伸ばした。ただ19人の経験者のうち現在二軍にいる選手が9人、開幕二軍もしくは開幕後に登録抹消を経験した選手が6人もいる。現在のところ補強の効果なく低迷する現状はこんな数字にも表れているといえそうだ。

1/3ページ

最終更新:2016/1/29(金) 3:27
THE PAGE