ここから本文です

桜庭和志「IQセミナー」大阪初開催 締め技など直に学ぶ

2015/5/19(火) 11:42配信

THE PAGE

「IQセミナー」大阪で初開催、桜庭和志選手のスペシャルテクニックを学ぶ THE PAGE大阪

 桜庭和志選手と言えば、総合格闘技「PRIDE」や「DREAM」で活躍し、外国人選手との激闘でファンを魅了してきた。現在は新日本プロレスに所属し、“IQレスラー”の愛称で人気だ。ここからネーミングをつけた「IQセミナー」が各地で催されている。これは桜庭選手のスペシャルテクニックが学べる技術講座で、そのセミナーがこのほど大阪で初めて開催された。

桜庭選手のテクニックが学べる技術講座

 桜庭選手のテクニックが学べる技術講座「LANDMARK presents IQセミナーin Number.8」が行われたのは、大阪・中津にあるジム「Number.8 Workout Studio」。今回は元K-1ファイターで同ジムのチーフトレーナーである金泰泳氏の熱望により関西初開催となったもの。

 「IQセミナー」は2013年10月が初回で、これまで一般の方も受け入れての開催は関東で5回。関節技や締め技などの指導や質疑応答もできるので貴重なセミナーとなっている。

 「総合格闘技があるのは桜庭さんのおかげだと思っています。桜庭さんに技を習いたいという要望が多いのでこのたびの大阪初開催となりました。今は格闘技を通じていろんな楽しみ方がある。健康のためにやっている方も増えました」と金泰泳氏。この日のセミナーは90分。ジムの会員だけでなく、一般の方も含めて参加者約50人。和気あいあいとした中にも、真剣さが垣間見えて、男女ともに熱心に指導を受けていた。

セミナー後に語った特に印象深い対戦相手

 桜庭選手は秋田県出身。株式会社39(サク)代表取締役でもある。1990年代末~2000年代初頭の「PRIDE」において、強豪外国人選手らを相手に熱戦を繰り広げ、互角以上に戦った数少ない日本人選手の1人だろう。試合では極めて珍しい変則技を繰り出して対戦相手を翻弄することから「IQレスラー」と呼ばれた。

 また、数々の総合格闘家が敗戦、苦戦を強いられたグレイシー一族に対し何度も勝利したことから「グレイシー・ハンター」との異名も持つ。

 「道場(総合格闘技ジム「ラフター7」=2012年12月閉鎖)をやってたんですけど、その頃からやって欲しいという要望があって始めたものです。東京では何回かやってますが、大阪は初めて。前もってどんなことを教えて欲しいか、事前に(メールなどで)聞いていて、今日はキックボクシングをやってる人がメーンで、それに合わせて、逃げ技などの指導をしました。やったことがない人はわからないんですよ」

 セミナーを終えたあと、桜庭選手は経緯などをそう語った。また、過去の名勝負の中で、特に印象深い試合、対戦相手は誰だったのだろうか。

 「印象に残っている選手というのは、シウバです。3回やって、3回やられたから。やられちゃったイメージしかないし、悔しい気持ちが強い。どんな相手であろうが、やる相手全員に勝ちたい、常にそう思っているから」

1/2ページ

最終更新:2015/5/19(火) 11:42
THE PAGE