ここから本文です

USJ「ハリポタ」アトラクション3D映像導入 SMAPらが祝福

2015/5/20(水) 20:45配信

THE PAGE

 2年目の魔法はもっとすごい──。大阪市此花区のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)は20日、今年でオープンから2年目を迎える「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリーポッター」の人気アトラクション「ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービトゥン・ジャーニー」が世界で初めて3D化したと発表した。21日から運用を開始する。それらを記念した記念セレモニーも同日夜に行われ、USJ大使のSMAPが登場。招待されたゲストらからは大歓声があがった。関係者は「ハリポタの3Dは世界で初めての導入。ぜひ楽しんでいただければ」と話している。

【拡大写真入りの記事】ハリポタエリアのホグワーツ城が幻想的な輝きを見せた

SMAP登場に大歓声 ドラコやチョウも登場

 このセレモニーでは、ハリポタファン300人がホグワーツ魔法魔術学校のマフラーを巻いて、オリバンダーの杖を持ち登場。その目の前に設置されたステージにSMAPのメンバーが登場すると、一斉に大歓声があがった。

 また、ハリー・ポッターを敵対視する同級生ドラコ・マルフォイ役のトムフェルトン、ハリーのファーストキスの相手であるチョウ・チャン役のケイティ・リューイングも登場。「新たな魔法体験」をうたい文句に3D化したハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニーの登場を祝った。

 最後にはSMAPやゲストらが杖を手に「エクスペクト・パトローナム」と呪文を唱えると、ホグワーツ城にタカやウサギ、シカといった動物が映し出されるとともに花火が打ち上げられた。

 USJ関係者は「同じアトラクションがあるフロリダのユニバーサル・オーランド・リゾートにも、この3Dは導入されてないんです。そのため世界で唯一、この3Dのハリポタを楽しめるのはここだけです。2年目の進化をぜひ楽しんでいただければ」と笑顔で話していた。

SMAPメンバー一人ひとりが3D体験語る

 セレモニーでは、ハリー・ポッターの衣装に身を包んだSMAPらが杖を手に楽しいトークを繰り広げた。3Dが導入されたアトラクションもセレモニー開始前に体験。中居正広は「皆さんの期待に応えることができたアトラクションでしたが、2年目は皆さんの期待を上回るアトラクションになってるんじゃないかと。これから進化しなきゃいけないことがあると思いますが、1年目以上の2年目を迎えるのでは」と話し、「木村さんは?」と木村拓哉に話をふった。

 木村拓哉は「いやぁ、ほんっとに、何度か体験はさせて頂いたんですが、約1時間前に体験させて頂きまして、大丈夫だろうなと思ったんですが、言っときますけど明日から半端ない臨場感を味わえることになると思うんで、楽しみにしてて間違いないと思います」と話すと、どよめきが起こった。

 稲垣吾郎は「木村くんのおっしゃるとおりすごい臨場感で。乗り物は苦手だったんです。ただハリーポッターのライドによって『乗り物中毒』になりました。さらにまた進化してるんです3Dで。(去年のものと)まったく別物ですね。感動体験、魔法体験を一人でも多くの方にしていただければ」と話した。

 草なぎ剛は「乗った瞬間にこんなパワーアップしてるんだと。もうねえ、ここまでパワーアップしてるの驚きまして。理屈ぬきにやばいです。これはねえ、みんなも体感してもらいたい。これは本当やばいです」と語った。

 香取慎吾は「いやぁ楽しかった」とうれしそうに語り「1年前じゃないですか、始まったのが。たったの1年で自分たちの世界最高を超えた世界最高を造っちゃう。USJを見習いたいですSMAPも。乗ったことある方もビックリすると思います」などとうれしそうに話した。

最終更新:2015/5/20(水) 21:09
THE PAGE