ここから本文です

「SASUKE」アラビア語圏版制作実現に向け覚書調印

2015/5/22(金) 22:28配信

THE PAGE

「SASUKE」アラビア語圏版制作実現に向け覚書調印 THEPAGE

 TBSのスポーツエンターテイメント番組「SASUKE」の中東現地制作版「Arabian Ninja Warrior”(仮称)」の制作実現に向けた覚書調印のため、サウジアラビアのフェサール王子 (His Royal Highness Prince Faisal bin Bandar bin Sultan Al Saud)が22日に来日。TBSホールディングスの石原俊爾代表取締役社長と面会し、覚書に調印した。今回の調印を機に、アラビア語圏全域(17か国)に及ぶ包括的展開に向けた作業が一気に本格化することになりそうだ。

SASUKEファンだった王子のたっての希望で

 今回の契約は、かねてから熱狂的な『SASUKE』ファンだったフェサール王子のたっての希望で実現。王子は、「サスケ・オールスターズ」の面々の名前はもとより、『SASUKE』全話の結末を覚えているほどの大の『SASUKE』ファンで、長年、同番組の中東版の制作を熱望していた。日本の放送局が王族と、コンテンツを通じたアラビア語圏全域に及ぶプロジェクトを推進するという、過去に前例のないケースだという。

 『SASUKE / Ninja Warrior』は、現在、165の国・地域に達しており、販売先はアジア、欧米各国をはじめ、旧共産圏やアフリカ、中東、中南米諸国など世界5大陸に及んでいる。中東全域では2010年以降、ドバイに本拠を置く中東最大規模の放送局MBCを通じて、放送されており人気を博している。

 今回の覚書は、アメリカ版“American Ninja Warrior”を含む、各国版のアラビア語圏での展開も視野に入れている。また、3月末にイギリス・マンチェスターで行われた『SASUKE』イギリス現地制作版“Ninja Warrior UK”の収録にも、アラビア語圏現地制作版を担う中核スタッフが現地入りし視察を行っている。今回の覚書調印を機に、アラビア語圏全域 (17カ国)に及ぶ包括的展開に向けた作業が一気に本格化する。

1/2ページ

最終更新:2016/3/24(木) 11:25
THE PAGE